事業者限定鉄コレ・阪急5300系

昨日は、全国一斉(?)に、阪急の事業者限定鉄コレである5300系が発売された日でした。

DSC_4455_R.jpg
・・・ということで、例によって

1箱だけ

捕獲してきましたので、へっぼいインプレッションをまとめておきます
ディスプレイモデルで2両で3500円って、高くね?・・・ま、それでも売れるからこの値段設定なのでしょうが・・・)。




・・・ということで、出かけてきましたのは自室最寄りの“ごあんないカウンター”のある河原町駅です。
あるならあるで買ってくる、売り切れなら売り切れでしかたない・・・というやる気のないスタンスにつき、出かけたのは11時頃でした。
市バスを降りて地下のごあんないカウンターに出かけてみると、ショウウインドウには鉄コレの箱、そして、原形車の箱には「売り切れ」の掲示・・・。



原形車、もう売り切れかよ・・・


なんというか、一昨年の2300系の時も、昨年の5100系の時も、「原形仕様+現行仕様」の併売ですが、原形仕様の方が売り切れが早いのは・・・どうしてでしょうね・・・。

とりあえず、どっちでもよかった私は現行仕様(表示幕改造車)を1箱だけ捕獲して、河原町駅から帰りました・・・
(こういうときに、市バス一日乗車券カードは強い・・・)。




DSC_4457_R.jpg
パッケージの中は、例によって5300系の説明です。
屋根パーツを取り替えることでフル編成も再現できるのが、毎度のウリですが・・・


屋根パーツにエラー発生
(クーラー位置の違う屋根が間違って入っていたとか?)

・・・ということで、購入時におわびと良品請求方法が書かれたペーパーをあわせて渡されております。
とりあえず、ネット上で無駄に請求しておきましたので、そのうち届くでしょう・・・。

DSC_4459_R_201610091754070c6.jpg
・・・毎度おなじみ、先頭車+中間車の2両パッケージです。
まあ、安定のくおりちーというか、


1箱3500円も出しているのだから、これくらいつくってくれないと困る

・・・と、なるのでしょうか・・・。
2両で3000円切っていた時代が、懐かしい・・・orz。

DSC_4465_R_20161009175402218.jpg
先頭形状。
まあ、安定の形状です。

ちなみに、素人が見たら

昨年の5100系と今年の5300系の違いって何?

となるところですが、神宝線と京都線の車両限界の違いに応じて(あるいは、乗り入れ先の大阪市営地下鉄堺筋線の仕様にあわせて)、車体幅が違うそうで、“模型でも車体幅の違いを再現”・・・と、阪急公式のページに書いてました(すっとぼけ・・・)。

DSC_4464_R.jpg
車体側面と屋根周り。
阪急の象徴といえば“マルーン”の塗装ですが、当然というかなんというか、成形色による表現です。
まあ、割と実車に近い色を成形色でも表現できているとは思うのですが、これだけお高くなるのであれば、実車同様“光沢塗装”であってほしいところ・・・
(光沢でないと実車感が出ない・・・)。

DSC_4475_R.jpg
連結してみた。

DSC_4472_R.jpg

DSC_4491_R.jpg
まあ、よくも悪くも“いつもの阪急鉄コレ”・・・という以上の感想は出てきません
(いつも通りでないのは、勝手に上がった“お値段”だけか・・・(笑))。

DSC_4480_R.jpg
ステッカーについては、超絶不器用の私が何かしようとすると轟沈確実につき、ひっそりと箱の中に戻されました・・・。

DSC_4481_R.jpg
こちら、エラーのあった先頭車用交換屋根パーツ。
実車よりも中よりにクーラーが設置されているとか・・・。

私のような“にわか”であれば、別にええやんというところですが、

うるさいユーザーの多い鉄コレ界隈のこと・・・早速の交換対応というのは、やむを得ないところなのかもしれません
(炎上を避けるという意味でも・・・)。

他方で、レシートや購入証明なしに--って、駅ごあんないカウンターで購入する際には、レシートも何もないのですが・・・--交換パーツの申込を受け付けて大丈夫なのだろうか・・・という、余計な心配もなきにしもあらず
(そこは、“良識”に期待なんですかね・・・。テンバイヤー蠢く鉄コレ界隈に良識?)。




・・・ということで、例によって“1箱だけ中途半端に捕獲する”腐れプアの阪急鉄コレ購入記録でした。
正直、ここまで値段が上がり、かつ、(系列によっては)他の模型メーカーが製品化して場合もあるとなると、

あえて鉄コレを買う意味って何?

ともなるところですが、そこは“年に一度のお祭り”・・・というところでしょうか。

さて、来年は何を出してくることやら・・・(神宝線から何か・・・ということは、間違いないのでしょうが・・・)。

事業者限定鉄コレ・阪急5100系

すっかり整理することを怠っていましたが、

IMGP9626_R.jpg
今年も阪急の事業者限定鉄コレを“1箱”だけ、買ってきました
(資金的な意味で・・・orz)。

昨年の1000系の場合は、1種類のパッケージでしたが、今年は2年前の2300系と同様に、

登場時の姿
現在の姿(リニューアル車)


の、2種類のパッケージが発売されていました。

なお、2300系の時と同様、

現在見ることができる姿至上主義

の私としては、現在の姿(リニューアル車)を確保してきました

なお、過去の例に倣って、発売日(10月10日)の午前中に河原町駅の「ごあんないカウンター」に出かけてきましたが、特に何事もなく、普通に購入できました。
2年前の2300系の時には、原形車(方向板仕様)の方が、現行車(方向幕仕様)よりも圧倒的に速く売り切れたことで話題になりましたが、さて今回はどうだったのでしょうね・・・
(私が買いに行ったときには、どちらでも購入できたようですが・・・)。

IMGP9629_R.jpg
パッケージを開けると、例によって5100系の説明です。
5100系は4連を基本とするため、「2箱で実車を再現できる」という、お財布にやさしい仕様です(笑)。
まあ、私は1箱買うので手一杯だったけどな!

IMGP9635_R.jpg
リニューアル車はパッケージが青帯になっているのが目印です。

IMGP9633_R.jpg
収納状態。
先頭車と中間車の2両セット。

IMGP9637_R.jpg
方向幕、車号、社紋等は、付属のシールで再現することになっています。
例によって、不器用(失笑)なので、切り貼りする予定はありませんけどね・・・。

なお、昨年の1000系では社紋が車体に印刷されていたのですが、今回は従来通り、シールによる再現に逆戻りしていました・・・。
値段変わってないのに・・・orz。

IMGP9644_R.jpg
ご開帳。
ここ数年の阪急鉄コレは、展示用ダミーレールが付属しなくなっています・・・。
値段変わってないのに・・・orz。

IMGP9638_R.jpg
乗降扉の窓が縦長になっているのもまた、リニューアル車の証です。
阪急では旧式車をリニューアルすると、乗降扉の窓が長くなります(大型化します)が、JR四国の2000系ではリニューアルすると乗降扉の窓が小型化します。このあたりに会社間の考え方の違いが出ているのかどうか・・・は、定かではありません。

IMGP9646_R.jpg
リニューアル車は、パンタグラフもシングルアーム式に換装されています。

IMGP9650_R.jpg
分散式クーラー。
オリジナル車とは形状が違うとか・・・。

IMGP9653_R.jpg
前頭部。
相変わらず、実車の雰囲気をよく再現しています。

IMGP9641_R.jpg
床下は“鉄コレくおりちー”だけどな!

IMGP9654_R.jpg
・・・ということで、今年の阪急事業者限定鉄コレこと、5100系(リニューアル車)でした。
普段は京都線ユーザーにつき、神宝線で活躍する5100系に乗車する機会はあまりないのですが、たまに乗車すると

安心の阪急クオリティー

は、まだまだ健在です。

3000系(3100系を含む)がまだまだ健在の阪急にあって、5100系(5000系を含む)もまた、当面は活躍しそうですが(だからリニューアル工事も実施しているのでしょうし・・・)、他方で、すでに阪急では“古参”の側に属する車両であることも確かです。

実際に、能勢電鉄に譲渡されているグループもいるそうですし(その能勢電鉄も、今年の事業者限定鉄コレは5100系とか・・・。何でしょうね、この“どうせ出すなら一気に出してやれ!”的なノリは・・・(金型の有効活用???))、やがては阪急から姿を消すことになるのでしょう。

そんなときに、この限定鉄コレもまた、いっそう輝き出すことになるのかもしれませんね・・・
(また、頑なに(本線車両としては)退役後の車両しか鉄コレ化しないおけいはんと、現役車両をバカスカ鉄コレ化する阪急の“鉄コレに対する姿勢の違い”が、よくあらわれているのかもしれません・・・)。




(余談)
鉄コレに限らず、駅の「ごあんないカウンター」でお買い物をすると、特製の袋に入れてくれますが・・・

IMGP9659_R.jpg
今年は1000系をあしらった袋に変わっていた!
(昨年までしばらくは、9000系をあしらった袋だったのに・・・)

これも、時代の流れなのでしょうか・・・。

たま電車(鉄コレ再販版)

和歌山で・・・もとい、日本で最も有名な“ねこ”だったともいえる“たま駅長(社長代理)”が天に召されてから、はや20日以上が経ちました。
私自身は、昨年の12月に、辛うじて“勤務中”のたま駅長殿にお目にかかることができた程度の“にわか”ですが、それでも、“勤務中”の姿に会えて、わざわざ出かけた甲斐はあったと思います。

DSC_0586_R.jpg
・・・だから、というわけでもないのですが、しばらく前に購入していた、鉄道コレクションの「たま電車」を箱から出してみました
(無駄に増やしたマクロレンズのテスト撮影ともいう(苦笑))。

DSC_0587_R.jpg
デフォルメされた駅長閣下。

DSC_0621_R.jpg
側面。
割と再現度は高いですね。

DSC_0594_R.jpg

DSC_0598_R.jpg
非常に“賑やか”です。
Nゲージスケール(1/150;模型の全長は10cmちょっと)ということを考えれば、よくできていると思います。

DSC_0603_R.jpg
巨大たま。
実車では、「たま文庫」の本棚に相当するスペースです。

DSC_0612_R.jpg
前面。
“ネコミミ”の塗装がかすれているのはご愛敬でしょうか・・・。

DSC_0617_R.jpg
“ネコヒゲ”とヘッドマーク部分。

DSC_0597_R.jpg
屋根上の分散式クーラーも抜かりなく再現。

DSC09715_R_20150713201923ab7.jpg
ちなみに、実車はこんな感じです。




DSC09396_R_2015071320191391e.jpg
ということで、たま駅長閣下の遺徳を偲びつつ(?)、模型をあれこれと眺め回しておりました。
昨年12月の訪問時の段階ですでにご高齢(人間でいえば70歳代に相当)であり、専用スペースでお昼寝中だった“たま”駅長閣下でしたが、オーラはさすがなものでした。
何はともあれ、ただ一度きりとはいえ、勤務中のお姿を拝見できてよかったです。
そのときには、そう遠くない将来に天寿を全うするのだろうとは思っていたのですが、まさか翌年(平成27年)の前半の段階で・・・とまでは思わず・・・。

ともあれ、天に召された“たま駅長(社長代理)”に敬礼。

鉄コレ伊予鉄モハ2000形(B=27年1月再販版)

1月に買ってきたものを今更・・・ですが・・・

箱
鉄道コレクション・モハ2000形(今年再販されたバージョン)です

それにしても、模型を撮る際の照明の管理がなっていない・・・と毎度毎度実感せずにはいられないヘボ画像ですが、そんなものでもよろしければご覧になってやってくださいませ。

全体
箱から出してみました。
もともと、伊予鉄モハ2000形の鉄コレは、平成23年に発売されたまして、私も速攻で1両(・・・しか買えなんだ・・・orz)導入して、本棚のおともにしましたが、長らく絶版状態が続いていたものです
(鉄コレに限りませんが、鉄道模型というのは一度生産したら、ちょっとやそっとでは再販されないので、“見つけたときに買っとけ”というのが基本です・・・。しょぼい経済力と相談ですけどね・・・orz)。

4年前は、伊予鉄に所属するモハ2000形のトップナンバー車である“2002号”が模型化されましたが、今回はラストナンバー車である“2006号”が模型化されました(トップナンバーの“2001号”は、伊予鉄に譲渡されずに梅小路公園で静態保存されています・・・)。

また、前回は松山市駅と道後温泉を結ぶ3系統の方向幕が再現されていましたが、今回は松山市駅を発着する環状運転系統こと、1系統の方向幕が再現されているのも、地味に違いです
(1系統は「松山市駅→JR松山駅前→古町→鉄砲町→大街道→松山市駅」と、時計回りの環状運転となります。逆回りなのが2系統です)。

前面
前面。
モハ2000形の場合、モハ50形のようなバリエーション違いはありませんので、基本的に全車同じ形です。
そういう意味でも、金型の有効利用・・・もとい、“再販”ですね・・・。

かつては長きにわたり、環状運転をする1/2系統に限り方向板が掲出されていたのですが、現在では廃止されてしまいました。
とはいえ、方向板受けは今でも残されており、模型でも抜かりなく再現されています。

幕
入口と車番表示等。
前回の製品化の時と、まあ変わるものではないですね・・・。

ただ・・・

マークが欠けてる・・・
伊予鉄の社紋が微妙に欠けていて、ちゃんと見てから買えよ・・・
(すこしでもいい状態のものを・・・ということで、(通販を利用せず)わざわざ店頭に買いに行ったのに、ナニヤッテンダ・・・orz)。

パンタ
パンタグラフと屋根周り。


・・・ということで、車番が違うとか方向幕に再現された系統が違うといったことはありますが、基本的には“再販”なので、
先代を持っていればあえて買う必要も・・・という気持ちも無きにしも非ずですが・・・

伊予鉄が模型化されたぞ ヒャッホイ!

・・・となると、

ついつい買ってしまうのが悲しき性ですな・・・(苦笑)
(かように、ヲタの業は深い・・・)。

国産鉄道コレクション・キハ181

少し前に入手したものですので、何をか今更というところはありますが、

キハ181
国産鉄道コレクション・キハ181を入手してきましたので、その記録です・・・。

ちなみに、創刊号(2月発売)の0系新幹線・21形については、790円という創刊号特別価格でありながら、(組立型の分冊雑誌シリーズとは異なり)単体でも模型として完結しているだけあって、割とネット上でも話題になっておりましたが・・・

通常価格になってからは、割とさっぱり

・・・だったりも、します。

そりゃ、

2000円前後(消費増税後は2000円超え)で、あのクオリティーでは、ねぇ・・・

売れ行きもさっぱりなのか、巨大な倉庫を抱えることのできるネット書店ならばまだしも、リアル書店では

そもそも置いてさえいない

ところが、割と目につきました。
今回のキハ181も、京都では割と大手に属するであろうジュ※ク堂だとか大※書店だとかでは(少なくとも創刊時にはきちんと並んでいたのに)、影も形も見当たりませんでした・・・orz

結局、京都駅南のアバンティにあるブックセンターに平積み・・・(と言っても、私が買ったものを含めて2冊しかなかったですが・・・)されていたものを捕獲しています。

いやね、

この手の模型つき雑誌を、ネット通販で購入しようとはあまり思わない
(“ハズレ”を掴まされてはたまらない的な意味で・・・)

のは、人情というものだと思いませんか?(誰に同意を求めているのだろう・・・)




機器室
キハ181といえば、四国出身の人間にとっては、“憧れの特急列車にして、鉄路の王者”ではないか・・・と思うのは、私だけでしょうか。
国鉄時代は気動車特急しか存在せず、主要線区の予讃本線にも土讃本線にも急勾配区間が介在していた四国において、キハ181系は、一般形や急行形気動車とは一線を画した走りを見せていたものです
(それに対してさらに“次元の違う”走りをするのが、振子式の2000系ですが・・・)。

特徴的な機械室と、切れ長のパノラミックウィンドウの存在感は抜群です。

折戸
車体強度的な意味で戸袋窓を設置できなかった(らしい)ので、全車乗降扉は折戸です。
機械室が非常に長いこともあって、先頭車のキハ181形にはトイレ・洗面所はありませんでした(中間車のキハ180形から改造されたキハ181形100番台を除く)。

連結面
連結面。
1/150スケールということもあってか、妻面の表記類まで再現することを求めるのは酷というものでしょうか・・・。

前面
そして、キハ82形ゆずりの、高運転台・貫通型・パノラミックウィンドウの前面です。

ヘッドマークが

“しおかぜ”号!!
(国鉄時代、昭和60年3月改正まで使用された“文字だけ”仕様)

・・・よくわかっていらっしゃる(主に俺歓喜)

四国人、予讃線沿線の住人にとって、

キハ181系=しおかぜ号

なのですよ。

ちなみに、モデルになっている実車は・・・

前面
栄光のトップナンバー・キハ181-1です
(国鉄時代に名古屋に新製配置されて「しなの」号に投入され、同列車の381系電車化後は、四国に転配されて「しおかぜ」号や「南風」号で活躍しました。現在では再び名古屋に戻り、「リニア・鉄道館」で保存されています)。

まあ、模型をつくるにあたって、実車を調べられるならば調べるに越したことがないことを考えると、このトップナンバー車か、津山にいるキハ181-12がモデルになるのは、必然の理でしょうか・・・。

・・・ということで、

気分は“四国の国鉄時代”

・・・となります。

**********

もっとも、このシリーズ、わりとお高い(2000円を微妙に超える)割には、

仕上がりに甘いところがある

のも、事実です。

私の手元にあるキハ181でいえば、塗装のかすれや赤帯のはみ出しに加えて、“ワイパーが汚い”(これなら、無理に再現しなくてもよいレベルでは?)ことが、少し気になりました。

同じNゲージスケールのトミックス並にしろ・・・とまでは言いませんが(あちらは模型だけでもずいぶんお高いですし)、せめてカトー並の造りではあってほしいと思うのですが、酷な要求なのでしょうかね・・・。
付属マガジンがあったり、箱代とか何とかもあるとは思うのですが、この価格であるならばもうちょっと頑張ってくれないと・・・と、思う人がいるから、売れ行きが先細りなのでしょうか・・・
(「別に走らせなくてもいいよ」という、私のように眺めているだけのユーザーからすれば、とくに(可動する模型ではお高い)機関車の模型であれば、使い出もあるのかもしれませんが・・・)。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ