高松なう

本日は、朝っぱらから“赤い18きっぷ”を駆使して、

東海道本線~山陽本線~姫新線~津山線~宇野線~本四備讃線~予讃線
(京都→(新快速)→姫路→(普通)→播磨新宮→(普通)→作用→(普通)→津山→(快速)→岡山→(快速)→高松)


・・・という、謎ルートで、京都から高松に到達しました
(普通に東海道~山陽本線のみを経由するのでは面白くないでしょ?)。

現在は、高松駅周辺の某ビジネスホテル(お安いですが私のようなプアには分不相応な個室)で、ホテルの無線LANを借用して、この駄文を書いています

明日からは、

バースデイきっぷで行く四国島内・3日間の旅

です。

昨年に引き続いて、ようやるわ俺(笑)。
まあ、それくらい

バースデイきっぷの圧倒的なコストパフォーマンスと使い勝手に感動した

・・・と、いうことで・・・。

********

最初に快速マリンライナー49号にて高松に到着したのは18時過ぎだったのですが、さすがにそれで乗り鉄終わりというのは、乗り鉄の名が廃ります
どうせ18きっぷは一日いくら乗ってもかまわないわけですし・・・。

・・・ということで、昨年のバースデイきっぷの発券を高松駅で受けたこともあって、今年は違う駅で発券を受けよう・・・ということで、

快速サンポート(113系電車)に乗り込んで、なぜか多度津駅を目指しました・・・(笑)

そうして、多度津駅についてみどりの窓口(一つしかない)に行ったら・・・

注文の多そうな客が何やらやりとりしていてしばらく空きそうにない
(折り返しの快速電車まで15分ほどしか時間なかったのに・・・)

ため、断念して高松へと引き返すことにしました
何しに多度津駅に行ったのか?私は・・・??まあ、駅前に保存されている蒸気機関車(8620型「58685」号)を初めて眺めてきましたので、よしとしておきましょう)

・・・もっとも、乗車した快速が

下り:113系
上り:6000系

・・・という、

JR四国普通電車マイナー・ブラザーズ
(真面目な話、ラッシュ時でないと遭遇しにくい・・・)

でしたので、乗ってきた甲斐はあったとしておきましょう。

結局、高松に戻って、昨年同様高松駅で「バースデイきっぷ」を購入しました
指定券等の発券(明日と明後日の分)も合わせて受けたのですが、

のべ7枚も発券してもらうので、時間がかかることこの上ない

・・・ということで、私も大概めんどくさい客であしからず
(「バースデイきっぷ」は、グリーン券や指定券等の発券枚数にみみっちい制限がない」ため、正当な権利と言えば権利なんですけどね・・・)

**********

ちなみに、夕食は高松らしく“うどん”にしました。
食べログというか、高松駅周辺の店舗で割と高く評価されている某店に行ってきたのですが・・・

カウンターのさる席に座ったら「そこはうどんを出すところだから座らないでください」
(私の後に2人ほど入ってきていましたが、2人とも同じ席に座ろうとして席替えさせられていたので、私が特にひねくれていたわけではなさそうです・・・。理由は理解できるのですが、だったら席を設置しないか、張り紙でもしておくかしておいてほしいところです・・・)

出てくるのに時間かかりすぎ
(15分以上かかったぞ・・・。普通のぶっかけうどんだったのに・・・)

ぶっかけのダシ(たぶん“いりこ”)は美味しかったものの、量もちょっと足りなさめ、何より(夜もやっている店の性なのかもしれませんが)少しお値段も高め・・・と、何だかなぁ・・・でした。
まあ、

“うどん”は食ってきたからいいか・・・

そうして、ホテルに再び戻って、こうして駄文を書いていると、一日が暮れていきます。

明日からは特急乗りまくりの四国島内乗り鉄の旅です・・・。

出かける前(昨日)は、あまりにも日常と変わらなさすぎてテンションが上がってるのか上がってないのかわからなかったのですが、
やっぱり、

いざ出かけてみるとテンションが上がってきたぞ ヒャッホイ
(いくつになってもお子様メンタリティーです・・・(笑))
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ