冷感スプレー

昨日も暑かったですが・・・

今日はもっと暑い

気象庁のHPを見てみたところ、

本日の京都市の最高気温“38.3度”

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
そら暑いわ・・・ι(´Д`υ)アツィー
(7月の観測史上最高らしいです・・・)

・・・昼間に某所での勤務明けで中心街をウロウロしていたのですが、

なんだこの“ぬるい”空気は?!

・・・となるのも、まあ致し方ない気温です罠・・・。

・・・あまりウロウロしているとこちらがおかしくなりそうでしたので、そうそうに市バスに乗り込んで(バスの中は中で“冷えすぎ”・・・というきらいも、無きにしも非ずでしたが・・・)、ダイガクに戻って今日は貸切の共同研究室に籠っています。

原則として、貸切時の共同研究室においては空調のスイッチを入れないのですが・・・

今日は負けました・・・<(_ _)>ゴメンナサイ
(一応、お国の推奨するところに+1度して、設定温度「29度」です・・・。それでもあるとないとでは全然違いますけどね・・・)

**********

そんな暑い日を乗り切るための(俺的)マストバイアイテムとして、ここ数年は冷感スプレーのお世話になっています。
当初は、小林製薬製の高級品「シャツクール」を使用していたのですが・・・

なにせお高い
(手近なドラッグストアでは1本500円近くする・・・)

・・・ということもあって、今年は何本かを使い分けてみることにしました・・・。

冷感スプレー
冷感スプレー三兄弟(←勝手に命名)

・・・ということで、手前から

某100円ショップで売られていた安物
(しかし量は一番多い)
シャツクール
どこでもアイスノン

・・・という、単にドラッグストアや100円ショップをウロウロして捕獲してきただけのものです。
他にも何種類か存在しますが、全部試す余力も気力も財力も何もかもありませんので、この辺でご容赦くださいませ。

その③
まずは100円ショップの安物。
安物の分際で量は一番多いです。

しかし、

安物らしく効果時間は一瞬です
(さっさと蒸発して、蒸発するやいなや冷感効果は失われる)

安いのと量が多いのとで、遠慮なくスプレーしまくることができるという見方もできますし、すぐ効果が失われるのでスプレーしまくらないとやっていられない・・・という見方もできるでしょう。

それ以前の問題として、この値段ですから日本製であることなどは端から期待していませんでしたが、

隣の半島製だった・・・

・・・見かけ倒しなのも当然ですねそうですね・・・(苦笑)

**********

その①
最近何かと(経営的な意味で)話題の白元が送る刺客(?)
“どこでもアイスノン”

ちなみに、使用時は非常に気持ちいいほどに高圧のジェットが噴射されます(ガスでも詰めてるのかね?)。
また、瞬間的な効力は、今回使い比べた中ではこれが最強だったように感じました(感じ方には個人差があります・・・)。

ただ、

持続時間という意味ではもうちょっと頑張って欲しい
(蒸発とともに無力になるとまではいいませんが、よくて10分続くかどうか?)

・・・というところで、不満が残るところです。
ちなみに、実勢価格としては後述する「シャツクール」よりも数十円程度安価ですが、持続時間の短さを考えると・・・ねぇ・・・。

**********

その②
ということで、結局は「シャツクール」に帰ってきたりもします・・・(苦笑)

何といっても、

効果時間が比較的長い
(少なくとも1時間程度は、冷感効果が持続する)

という点で、私の使った限り(・・・って、たかだか3種類ですが・・・)これに勝るものに未だかつて出会ったことはありません。
昨年はジェルタイプのものも試したのですが、ジェルタイプよりもさらにこっちの方が上だったように思います(くどいようですが、個人的感覚です)。

そういえば、昔私の周りで、

バブシャワー
(シャワー上がりや風呂上がりに身体に塗りつけることで、上がった後を快適に過ごすもの)

が流行ったことがありまして、あまりに先輩方が絶賛されているので私も試してみたのですが・・・

瞬間的な効力は認めるものの、持続時間があまりに短すぎる
(10分もつかどうか・・・もっとも、ウチがクーラーを封じられたワンダーランドであることは割り引く必要があるかもしれませんが・・・)

ことに直面して、1本買ったのを使い切った後はその後二度と使うことがなかった・・・ということがあります。

そんな私がこの手のアイテムに求めるのは

持続時間
それなりの冷感


でして、結局その点を考慮するならば、いくつか試しても

結局は「シャツクール」(ストロング)に帰ってしまう

という、オチになっております
(これでもうちょっと安ければ・・・なのですが・・・(苦笑)。ちなみに、同じように考える人が多いのか、「大容量タイプ」というのがあるらしいです。近くのドラッグストアにはないのですが、今度中心街にでも行ったときに探してみましょうかね(容量あたりの値段が安くなるのであれば、検討する価値は大ありです))。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ