姫路城(広場から見てきただけ)

先日、播但線特急「はまかぜ6号」に乗車して、大阪まで“乗り通さず”に、姫路駅で降りてみました。

時刻としてはすでに19時を回っているのですが、

“白鷺城”ならぬ“白すぎ城”

と、一部ネット民から揶揄されている姫路城を眺めに行くことにしました。

**********

・・・ということで、姫路駅から北に歩くこと10分ちょっと・・・

石垣
石垣に着きました。
お堀はもうちょっと北です・・・。

レプリカ
通りにはこんなものが・・・。

レプリカ
もちろんホンモノではなくレプリカですが、妙に存在感のある瓦です
(本来は天守閣のてっぺんについているもの(のレプリカ)がこんなところにあるがゆえ・・・でしょうか・・・)。

ご案内
案内板。
ちなみに、某大河ドラマの影響もあってか、やたらめったらPRする幟だの何だのが立ち並んでいたのが印象的でした。

お堀
お堀。
日の長い時期だけあって、19時過ぎでもどうにかこうにか撮影できる明るさでした。

お堀から
お堀から城を見上げます・・・。

うーん、確かに“真っ白”

ですね・・・。

ちなみに、天守閣の公開時間はとっくに終わっている・・・というか、それ以前の問題として覆いが取れたとはいえ未だ工事中のため、天守閣の中身は現在公開されていない(・・・はずです)ため、どうせ下から見上げるしかできない以上、ここで帰ってもよかったのですが、せっかくなので(ちなみに、前回姫路城に来たのは8年も前のことですから、ずいぶんご無沙汰です・・・)、城内の広場まで行ってみることにしました。

橋を渡って
・・・ということで、お堀に架かる橋を渡って・・・

門をくぐります
門をくぐります。

ひろば
門をくぐってしばらく歩くと、広場に出ます。

工事中
覆いこそ撤去されましたが、巨大なクレーンが未だに修復工事中であることを伝えてくれます。

白い
ライトアップの影響もあるのでしょうが・・・

白い
(いや、“城”だから“白”くていいのか・・・(・・・と、読み手を凍り付かせるオヤジギャグ(苦笑)))

そして、

何の木か知らないがとりあえず目立っている“木”
(南から見上げるアングルではクリアできませんでした・・・orz)

**********

・・・10分ほど撮影したり、下からぼんやりと見上げたり・・・としているうちに、いよいよ外が暗くなってきましたので、帰ることにします。

帰ります
すっかり暗くなってきました。

夜のお堀
日が沈んだお堀。
人通りもめっきり少なくなりました。

ライトアップ中
最後にライトアップされた城を振り返りつつ、“広場に行って下から見上げただけ”の姫路城訪問を終えたので、ありました
(今度は中にも入っておきたいものですが、機会はあるのかね・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ