バースデイきっぷの旅・ふたたび

私自身は7月生まれです。
すでに誕生日を終えてしまい、今年もまた無駄に歳をとってしまいました・・・(苦笑)。

ちなみに、昨年は「自分へのご褒美(笑)」として、JR四国の誇るコスパ抜群のフリーきっぷ・・・こと

バースデイきっぷを初利用して、四国内を無駄に乗り鉄してきました

それにすっかり味を占めて、

今年も同じように出かけようと思います

とりあえず、楽天トラベル経由で、必要となる宿泊施設の予約はしておきました
(当然のことながら、安価なビジネスホテルのハシゴですが、何か?)。

**********

去る4月の消費増税の影響を受けましたが、それでも

お値段10,280円
(増税前が10,000円ポッキリでしたので、だいたい増税分がきれいに転嫁された・・・というところでしょうか)

それでいて、

連続する3日間四国内全JR線・土佐くろしお鉄道線乗り放題
しかも特急グリーン車乗り放題


さらに・・・

1人でも乗り放題
(ぼっち非コミュの乗り鉄でも安心だよ!!)

・・・ということで、相変わらず無茶苦茶なコスパですな。
誕生月に出発しないと使えないというところが難点ですが、その程度の難点を補って余りあるきっぷです。いやホント・・・。

**********

・・・ということで、今年も手元の時刻表をパラパラとめくりながら、3日フル活用で四国内の全JR線(瀬戸大橋線の児島駅を含む)を走破できるように行程を組んでみました
(ただし、今年は「土佐くろしお鉄道線」の全線走破は見送りです。ごめん・なはり線は行程に組み込む予定ですが、中村・宿毛線には入らないままに終わりそうです)。

昨年から今年にかけてJR四国に生じた変化としては・・・

8600系電車デビュー
予土線に鉄道ホビートレイン(なんちゃって新幹線)デビュー

(来週末からですが)予讃線(伊予長浜まわり)に「伊予灘ものがたり」号デビュー

・・・といったところがありますが、行程はすべて「平日」となる予定ですので、週末のみ運行される「伊予灘ものがたり」号への乗車は叶いません。
まあ、「伊予灘ものがたり」号は松山発着ですので、「その気になれば帰省中にいつでも乗車できるがな・・・」ということも、ありますけどね・・・(そうして、いつでも乗車できるとタカをくくっていると、乗りそびれたままになる・・・というのもありがちなパターン(笑))。

・・・ということで、「伊予灘ものがたり」号を除く、JR四国のニューフェイスには乗車できるように行程を組んでみました。
本来ならば、大学の授業も終わったし来週にさっさと・・・というところですが、今年はゆかいな派遣バイトが来週まであって、さらにはさる団体での事務補助・・・と、来週はわりと仕事が立て込んでいるため、ホントに月末となる再来週に辛うじて行ってくる予定です
(とりあえず、掛け持ちの勤務先の都合はクリア済(苦笑))。

**********

ちなみに、昨年は宿泊費をケチるため、当時開設されたばかりの、大阪バスの「高松特急ニュースター」号の夜行便で高松に入りました
しかし・・・というか、“予想通り”・・・というか、乗客がつかなさすぎて開設後半年ちょっとであえなく“休止”(事実上は“廃止”)になってしまい、今回はこの手は使えません
さりとて、もうひとつの高松への夜行での交通手段となるジャンボフェリーは、夏休みとはいえ平日であればアホみたいに混むこともないでしょうけれども、他方で“定時性”という面で不安を若干残すことも確か・・・。

ミッションとして、8600系特急電車への乗車は外せませんので、高松駅に(8600系充当の「いしづち103号」が発車する)6時までに確実に着いている必要がある・・・となると、やはり“前泊”やむなしか・・・ということで、

赤い青春18きっぷで前日に高松に入り、適当なビジホで一夜を明かす

ことにしました(赤い青春18きっぷは発売日の7月1日にすでに購入済。ビジホは押さえてあります・・・)。
宿泊費はかかりますが、まあ18きっぷで移動すれば移動経費は割安ですしね・・・(普通に東海道本線~山陽本線~瀬戸大橋線(宇野線・本四備讃線・予讃線)では面白くないので、ちょっとひねったルートを考えています・・・)。

**********

それにしても、改めてネット社会の威力を思い知らされていますが、

ホテル押さえるのも、キャンセルするのも楽ですな
(あまりに直前にキャンセルすると当然キャンセル料がかかりますが、一定の日数前にキャンセルするとキャンセル料さえかからない・・・。昔はいちいち電話したり、旅行会社まで出かけていたり、自称「友人」を探しまくったり、果ては当日飛び込み・・・なんてしなければならなかった・・・というか、その辺がめんどくさいので、「宿泊をともなう旅をほとんどしたことがなかったりもする」のですけれどもね・・・(あとは、ホテル代ケチって夜行列車を宿代わり・・・ですか、今では隔世の感がありますが・・・))

・・・ということで、来週はテンションを上げながら、月末には四国島内をウロウロしてきます・・・(笑)
(ついでなので、実家に数日滞在して、甥っ子に“遊ばれて”おくことにでもしておきましょう・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ