岡山電気軌道訪問記2014年GW(その⑤:一般車7301号)

「その④:たま電車」のつづきです・・・

たま電車
(画像は再掲)
岡山電気軌道版「たま電車」こと7001号で東山から岡山駅前に戻ってきた後、9200型MOMO(第二編成)で清輝橋まで往復してきて、再び東山へと向かいます
(MOMO第二編成は同日の最後にもう一度乗車した車両でもありますので、次回のエントリーでまとめます)。

ちょうどやってきた一般車(7301号)に乗り込みます。

かえって新鮮
何の装飾もない普段着の車内が、かえって新鮮です
(いかにイベント車やMOMOにばかり乗っていたのか・・・を浮き彫りにしているともいいますが・・・)。

7301号
車内は特に何の変哲も無いロングシートですが、これもかえって新鮮でした。
なお、「たま電車」こと7000型と同様、この7300型も機器流用・車体新造車です(Wikipedia大先生のご教授によると、こちらは2500型(元呉市電)の機器流用車だそうです)。よって、床下からひびいてくるのは“つりかけサウンド”・・・って、それはもういいですね・・・
(つりかけ大好きなオッサンですが、何か?(MOMOのようなIGBTインバータサウンドも嫌いじゃないですけどね・・・(苦笑)))。


さて、たまたま最前列の座席に座ることができましたので、東山線の前面展望・・・といきます。

東山線をいく
岡山駅前電停を出発した電車は、県道42号線(通称「桃太郎大通り」)に沿って、しばらく東へと進みます。
途中の柳川電停までは、東山線と清輝橋線の電車が共用しますので、列車密度の高い区間となっています。

城下の手前
柳川電停を出ると、県道27号線に沿って走ります。
城下電停が近づいてきました。
朝夕はともかくとして、データイムはやはりこの城下電停の利用客が一番多いように見受けられます
(後楽園に岡山城といった主要観光地の最寄り停留所ですからね・・・)。

南へ転進
城下電停を出ると、西大寺町電停までは南に進路をとります。

川を渡る
西大寺町電停を出ると、再び東に進みます。
後楽園にも流れ込む「旭川」を渡ります。

たま電車と邂逅
中納言電停(ホームがない)を出ると、先程乗車してきた「たま電車」とすれ違いました。

直角ターン
一瞬だけ南に進んだと思うと、再度直角ターン(?)して、東に進路をとります。

門田屋敷
門田屋敷電停に到着です。
ここまで来ると、終点の東山電停はすぐそこです。

東山が近づいてきた
東山電停が見えてきました。

東山到着
東山電停に到着。
乗客を降ろすと引き上げ線に転線して、運転士氏が交替して折り返しです。

この後は、しばらく撮り鉄をしながらMOMO第一編成の到着を待ち、MOMO第一編成を堪能しながら岡山駅前に戻り、それだけでは飽き足らずにもう一度MOMO第二編成に乗車して清輝橋を往復しています・・・
(一日乗車券様々ですが、ホント私は何しに行ったんだろう・・・って、乗り回しに行ったに決まってます罠(苦笑))。

「その⑥:MOMO第二編成」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ