くじら缶

少し前の話になりますが、我が国の実施する南氷洋調査捕鯨が、国際司法裁判所において「違法」という判決を下されたことが話題になっていました。

商業捕鯨が当たり前のように行われていた時代において、鯨は日本人にとってきわめて馴染み深い食材でした。

私が子供だった頃には、給食で当たり前に鯨の肉が出てきていたものですし、近所のスーパーで売られていた「鯨の竜田揚げ」(なぜか正方形にカットされていた)を好物としてよく食っていたものでした
(懐古厨のオッサン乙・・・と言われればそれまでですが・・・)。

そんな鯨も、今では捕獲量が激減してしまったため、すっかり高級食材の仲間入りです・・・。

**********

くじら缶
そういう私の鯨好き(そしてプアなので自力で買えない・・・orz)を慮ってか、ときどき実家から「鯨の缶詰」が送られてくることがありまして、年に数度の贅沢ということで、ありがたくいただくことがあります。

調査捕鯨の産物
缶には、「調査捕鯨の副産物」であることが明言されています。
缶底にどこで捕獲されたものであるかが印字されているのですが・・・

南氷洋産
「WAO」の印字からして、南氷洋で捕獲された鯨が原料となっているようです
(量的には南氷洋産の方が北西太平洋産よりも圧倒的に多いので、南氷洋産に当たる方が多いのは当たり前なのですが・・・)。

この「南氷洋産」の鯨も、これからは食べられなくなるんですね・・・。
いかれた毛唐どものおかげで・・・orz

**********

ヘルシー
「白いお皿」に出してみました。

鯨といえば、

低脂肪
高タンパク


・・・と、私のような汚デヴにもやさしい肉質です(苦笑)。

**********

われわれのご先祖様たちは、古来、余すところなく鯨を活用し、鯨への感謝を惜しんできませんでした。
鯨を“感謝しつつ食する”のは、我が国の伝統であり、他国からとやかく言われる筋合いの問題ではないはずです。

油だけ取って後は全部捨てていた毛唐どもとは違うんです!!
(だいたい、国際司法裁判所に提訴したオーストラリアにしてもニュージーランドにしても、かつては一大捕鯨国(もちろん油だけを収奪して後は廃棄する側)だったにもかかわらず、「自分たちがやめたからといって、関係のない日本に難癖を付ける」のは、いかがなものなのでしょうか(怒)。オマエらがやめるのは勝手だけど、押しつけるなやクソヴォケが!!)

・・・まあ、そもそも我が国は、なぜ「反捕鯨国の巣窟」こと「国際捕鯨委員会」からさっさと脱退しないのか・・・というのが、そもそもの謎といえば謎です。

「調査捕鯨」というやり方が、(国際捕鯨委員会の制度であることは事実であるにしても)無理のあるものであるという、その一点にかんしていえば、形式論としては「調査捕鯨は調査ではない」というのは、間違ってはいないのかもしれません。

つまり、私の個人的な所感としては、

さっさと国際捕鯨委員会を脱退して、商業捕鯨を再開すればよろしい

・・・となるのですが、どうでしょうかね
(もちろん、無秩序に乱獲するのは問題ですので、現状程度の枠を定める必要はあるのでしょうが・・・)。

・・・食い物の恨みは恐ろしいんですよ(苦笑)
(もっとも、私自身も、日本人としても、「自分の価値観からすると異質だ」というだけの理由で他国や他人に対してどうこう安易に言うことは、危険であることを心得ておく必要も、あるのかもしれませんけどね・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ