スイッチが入ると

花粉症持ちというかアレルギー持ちなのですが、そのせいか今くらいの時期になると

鼻炎から咳喘息のコンボが発動する

・・・ことが結構あります。

ちょうど時は前期が始まった直後ですので、

どうやって「講義」すればええねん
(咳喘息経験者には通じると思われますが、「黙っていると何ともないがしゃべると咳き込む」から、タチが悪いんですよね・・・)

・・・という、涙目な状況によくなります
(かつて出講していた専門学校で、学生のみなさんにコミュニケーション・ペーパーで心配されたのもよい思い出です・・・)。

そして、今年も今週になってなぜか悪化した鼻炎と咳・・・今日は授業日。

一応、虎の子の咳喘息市販薬(アストフィリン)と鼻炎市販薬(アレグラ)をコンボで昼食後に呑み込んで、昼下がりのへっぽこ講義に臨んできたわけですよ・・・。

そしたら・・・

鼻も咳も大人しいのなんの

・・・って、スイッチが入ってというかアドレナリンか何かがでていたのか、あるいはたまたま薬が効いていたのか、原因はわかりませんが、学生のみなさんに迷惑をかけない程度には授業を終えることができて、やれやれでした・・・
ただし、90分ぶっ通しでしゃべり続けた後に、若干喉はかれてましたけどね(これは咳のせいなのか??)。


そういう時期だからというか、ヒノキ主体に花粉が飛んでる以上しかたないというか、気をつけろと言ったって限度があるだろというか・・・まあいろいろありますけど、何はともあれ、

“今日”は何とかなって何よりでした
(来週は大丈夫なのかね・・・(苦笑))。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ