市バスプチウォッチング

京都市内は地下鉄が貧弱(&お高い)であることに加え、JRや民鉄もお世辞にも便利とはいいがたい(もちろん、目的地にもよりますが・・・)ということもあって、

バスがないとやっていられない

・・・という側面があります
(あとは、チャリンコがあれば結構何とかなるという説もありますが、私は持ってない・・・(無料の駐輪スペースが、中心街というか肝心なところに限ってあんまりないんですよね・・・orz))。

わかっている人には何をか今更なのですが、去る3月のダイヤ改正にて、

方向幕ががらりと変わった

ので、その記録でもさらしてみます
(もっと綿密に、丁寧に調べ上げてアップしている人がたくさんいる中で、なんで私みたいなにわかバスヲタがやらかしているのか・・・と、冷静に考えてみると思わないでもありませんが・・・)。

方向幕
3月も終わろうかという29日の京都駅前バスターミナルにて。
平成9(1997)年の地下鉄東西線の開業にともなう市バス大改正以来、親しまれていたというか違和感をまき散らしていた「紫地に白字」の方向幕が、ご覧の通り「ブラウン(?)に白字」に改められました。

・・・というか、全国のほぼすべての事業者が、コスト削減とか何とかでLEDに切り替えていく中
(中古車を導入する場合はともかくとして)

頑なに方向幕にこだわる京都市交通局も、ここまで徹底するとある意味立派です
(バス事業単体で見れば黒字だからできるんでしょうかね・・・)

方向幕
この方向幕、地の色や書体が変わったことに加えて、主要な通りを経由する系統の場合、各通りに対応したカラーまでつけられているという、無駄に(←褒め言葉)こだわった仕様となりました。

この26系統が通過する西大路通りであれば、ご覧の通り黄色です。

方向幕
前面・後面のみならず、側面も基本的には方向幕ですが、東山通は朱色(?)になっています。
交通局としては「わかりやすく」ということのようですが、

わかりやすいのかね・・・
(循環系統のように、時計回り・反時計回りに発車する系統が同じバス停を使う場合なんかには、有効でしょうが・・・)

また、途中経由地の表記も一段マメになり、地下鉄や鉄道線との乗り換えバス停の案内も強化されました。

細かすぎて見えるのか?

・・・というツッコミも、できなくはないのかもしれませんが・・・。


ちなみに、カラーが示す通りを過ぎてしまうと、

方向幕がカラー無しのものに切り替わる
(すなわち、その分方向幕のコマ数が増えている)

・・・という、コスト削減のご時世に真っ向から逆行する謎仕様だったりもします
(ここ数年、方向幕業者のやる気がなくなったためにしかたなくLED表示機で導入された、日野レインボーのハイブリッドたちは、しかたがないので単色LEDのままです・・・)。

なお、昨年度の後半に導入された車両(ハイブリッド車含む)は、

新車のくせに方向幕
(何度かエルガに遭遇していますが、画像はそういやまだ一枚も撮ってなかった・・・orz)

・・・でして、「ここは本当に日本国内なのだろうか?」・・・という心境に、ならないでもありません
(そら大げさか・・・(笑))。

**********

案内モニター
ちなみに、京都駅前バスターミナルの各乗り場には、このような大型の接近表示装置が設置されました。
もともと小型のものはありましたが、これだけ大きくなるとインパクトは確かに抜群です
(ちなみに、この九条車庫行きの205系統は、京都駅に出てきてからイオンモール京都に行くときに常用しています。京都駅まで来れば歩けない距離ではないのですが、どうせ一日乗車券カードを使う限り、何度乗っても運賃変わらないし・・・)。

洛バス
観光地へのアクセスに活躍する急行バス・・・こと洛バスのラッピング(これは100系統のもの)も、がらりと変わりましたとさ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ