授業開始

今週からウチの大学は目下授業中ですが、私自身も昨日の午後に今期最初の授業を実施してきました。
今期(前期)は講義科目の担当を仰せつかりましたので、90分ほぼノンストップでマシンガントーク(・・・らしいもの)を展開してきましたが、学生のみなさんの反応が多種多様であるのは、まあ毎度のことですね。

なお、ペーペーのお約束として、大講義などという大層なものを担当することはありませんので、所詮は小教室でのこぢんまりとした特殊講義なのですが、

その割には人いたよな・・・
(小教室が割と埋まる程度には・・・)

ということで、得体の知れないヨタ話しかしないへっぽこ講師による役に立つのやら立たないのやらわからない話をわざわざ聞きに来ていただいて、ありがとうございます・・・と、学生のみなさんには感謝感激雨あられです
(ここで書き散らかしてもしょうがないけどね・・・)。

身も蓋もないですが、誰も聞きに来てくれなければ「閉講」の憂き目に遭遇するというのが、ダイガクバイト講師の悲しき宿命ですからね・・・。

もっとも、「出席についてうるさいことはいわない」(講読科目の場合は、相応の出席を求めますが、まあ「講義」なんて、来たい人は来て来たくない人は別に無理して来なくてもいいですしね・・・)と宣言しておいたので、来週からは人が減るでしょう。

**********

それにしても、私が授業をしていると、だいたい

「オマエはしゃべるのが早すぎる」

と文句を言われることが多いのですが、もうこれは直りようがないので(諦めた・・・)、話のまとまりが終わると少し時間を空けることで、みなさんにはご容赦いただいております
(あとは、比較的マメなレジュメを配布するように・・・ですね)。

気分としては、昔一部ではやった

やかま進藤先生のマシンガン

・・・みたいなものです(古いネタなので、わかる人だけわかってくれ・・・)。

そうして文句を言われたかと思うと、

「よどみなくのべつ幕無しに話していただけてありがたかった」

などと、きれいに言い換えてくださる学生の方もいらっしゃって、恐縮することしきりでした・・・
(マシンガントークを、こういうふうに言い換えて表現することができるのね・・・と、少し感心)。

そんな、へたれ講義に対するご意見、ご感想、ご質問・・・が散りばめられたコミュニケーション・ペーパーにコメントを書きながら過ごすのが、バイト講師に任用されてからの、授業期間中の週末の過ごし方なのですが、今日もペーパーにコメントを書いていると、時間だけが過ぎ去っていきます・・・。

**********

これもダイガクの中に長らく居着いているもののある意味習性なのかもしれませんが、1年の最初(元旦)よりは、やはり・・・

新年度の最初

より具体的に言うならば、

自分が担当する授業の初回

こそが、やはり

「新しい年が始まった」

と、気が引き締まるようなひとときです・・・。
とりあえず、本年度は年間を通じて授業担当をご用命いただいておりますので、できる限りのことはしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ