山陽道昼特急広島1号の旅(その③)

「その②」のつづきです・・・

11:05出発予定
(画像は再掲)
二回目の開放休憩地となる福山サービスエリアで約20分の休憩を終えて、予告通り11:05に発車します。

淡々と西へ
引き続き、愛称名の示すとおり、山陽自動車道を西へと進みます。

福山通運
ところで、「福山」といえば、大手輸送事業者の一角を占める福山通運の本拠地ですが、そのためもあってか、山陽自動車道においては福山通運のトラックを比較的多く見かけた・・・ような気がします。

しまなみ海道への分岐
福山西インターチェンジからは、国道2号線(のバイパス)を介して、しまなみ海道へと進むことができます。

これで結局、

山陽自動車道にある、本四道路三道路への分岐点をすべて通過した
(松山に帰ろうとしているくせに・・・)

のですが、「だから何?」と言われれば、まあそれまでです・・・。

尾道ジャンクション
尾道ジャンクションからは、北西に延びる尾道自動車道が分岐していきます。

淡々とし過ぎて眠気防止舗装
このあたりの山陽自動車道は、ひたすら山の中を進んでいくこともあって、景色はちょっとばかり単調です。
そのためもあってか、このように眠気防止舗装がなされているところも・・・。

下り坂
長い下り坂を、淡々と下っていきます。

のどかです
外の風景も、どこかのどかです。

リードライナーをぶち抜く
途中、広島県東部の府中市と広島市を結ぶ高速バスである「リードライナー」号を華麗にぶち抜いていきました。
広島市と県東部の福山・府中といったところを結ぶ高速バスも、割と便数が多くて充実していたりもします。

高屋JCT
高屋ジャンクションでは、呉方面へ行くことができる東広島呉自動車道が分岐します。

まだまだ開発中
まだまだジャンクション周辺は開発中です。

空港リムジンバス
また、広島は空港が広島市から著しく離れた僻地(失礼)にありまして、広島市街から約55kmも離れているそうです。
空港アクセスは事実上、高速道路経由のリムジンバスが一手に担っている状態です。
したがって、リムジンバスともわりと頻繁にスライドしました(こんなダダブレで小さな画像しか残ってないけど・・・orz)。

山陽本線をオーバークロス
西条インターチェンジの手前にて、JR山陽本線をオーバークロスします。

広島市に入った
そうこうするうちに、広島市に入りました。
・・・が、まだ山の中です。

下る下る
このあたりは、ちょうど山陽本線でいえばセノハチに当たる区間・・・。
よって、ひたすら下って行きます。

のどかです
広島市に入ったとはいえ、外の風景はまだまだのどかです。

広島高速ってあるんですね
広島東インターチェンジからは、広島高速道路が分岐していきます
(後で調べたら、何気に1号線から4号線まであるらしいです・・・)。

いよいよ広島ICが近づいてきました
ここまでくれば、広島インターチェンジもすぐそこです。
長きにわたる高速道路上のクルージングも、間もなく終焉を告げようとしています。

太田川を渡る
太田川を渡ると・・・

広島IC
12:05、広島インターチェンジを流出。
高速道路に別れを告げます。

中筋バスターミナル
広島インターチェンジをでると、間もなく最初の降車停留所となる「中筋駅」です。
12:09に到着して、何人かが降車していきました。
アストラムライン(新交通システム)の中筋駅に隣接しており、道路状況にかかわらず高い定時性で広島市中心部に到達できるのがメリットでしょうか
(東京や大阪で、郊外の鉄道駅最寄りのバス停に停車するようなものでしょう・・・。あとは、広島市北部へはここからの方がアクセス良好なものと思われます)。

ローズライナー
山陽自動車道経由の高速バスの一大拠点となっているようで、福山からの「ローズライナー」も、降車扱いをするためにやって来ていました。

アストラムラインに沿って
ここからしばらくは、アストラムラインの高架に沿って南下していきます。

12:17、同じくアストラムラインの「不動院前」駅に隣接した「不動院」バス停にさしかかりますが、降車ボタンが押されなかったため通過。

広島城
広島城が見えてくると、次の「広島バスセンター」はすぐそこです。

バスセンターへ
アプローチ路を駆け上がって、そごう広島店の3階にある「広島バスセンター」へ向かいます。

原爆ドーム
車窓には原爆ドーム・・・。

バスセンター
各社局のバスが集う「広島バスセンター」です。
さすがに政令指定都市のバスターミナルともなると、規模が違います。

バスセンター到着
12:25に到着。
ごっそりと乗客が降りていきました。
位置的には、広島駅よりもバスセンターの方が広島市の中心部には近いということでしょう。
松山でいえば、松山市駅のようなものだと思われます。

広島駅へ
バスセンターを出ると、バスは終着の広島駅に向けてもう一走りです。

いよいよ終着
終着への到着を告げるアナウンスが流れ始めました。
前方・・・というかダブルデッカーの最前列から見れば「上方」の電光掲示板も、終着である「広島駅新幹線口」への到着を告げています。

新幹線をくぐって
最後に山陽新幹線をくぐると・・・

見えてきた
空港リムジンバスが待機している「広島駅新幹線口バスターミナル」が見えてきました。

到着
かくして、12:35、ほぼ定刻(長距離高速バスで+5分なんて定刻みたいなものです)に、終着の「広島駅新幹線口」に到着しました。
約5時間の旅でしたが、ダブルデッカーの最前列からの展望(しかも幸いにして晴天)は、全く飽きることのないすばらしいものでした
(その割には途中何度か寝オチしてますけどね・・・)

そうして、トランクから荷物を回収して、JR呉線に乗り換えるべく、駅に入っていったのでありました
(余談ながら、車庫への回送まで見送ろうとしばらく降車場で突っ立っていたら、トランクに預けた手荷物(しかも割と大きかった)を丸々忘れていっていた人がいて、「こんなことってあるんだなぁ・・・」と、妙に感心することしきりでした。もっとも、乗務員氏によると「時々ある」ことらしいですけどね・・・(←「あるんかい!」)。何はともあれ、持ち主のもとにきちんと戻ったのであればいいのですが・・・)。

(時系列としては、「呉線の旅」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ