オレンジライナーえひめ号・阪急バス(2014年2月)その③

「その②」のつづきです・・・

並んで停車
(画像は再掲)
2度目にして最後の休憩地である室津PAで10分ほど休憩して、バスは13:54に出発しました。
引き続き、神戸淡路鳴門自動車道を疾走して、淡路島を北へ向けて進みます。

なお、休憩中にDVDが差替えられたのか、2本目の映画がモニターには流れ始めました
(「スープ・オペラ」とかいう小説原作の映画らしいですが、あまり私が見てもピンとこないものだったこともあって、特に見ていることはなし・・・(苦笑))。

淡路島といえば、タマネギも有名ですが、淡路牛も有名です。
淡路牛
高速道路上からも、淡路牛の牧場(のひとつ)を眺めることができます。

淡路SA
観覧車と複雑な立体交差が見えてくると、淡路島で最も北に位置する淡路IC(と、淡路SA)です。
淡路島ともこれでお別れです。

明石海峡大橋
明石海峡大橋にさしかかりました。

ジェノバライン
明石海峡上には、淡路島の岩屋港と明石市の明石港を結ぶ高速船・ジェノバラインの大型船が疾走していました
昨年6月に乗船してきています・・・)。

神戸市街地
神戸の市街地が見えてきました。

神戸市に突入
橋を渡り終わると、神戸市に突入です・・・。

高速舞子は通過
高速舞子バス停(こちらも昨年に何度かお世話になりました・・・)は、華麗に通過していきます
(JR系の「松山エクスプレス大阪」号は一部便が客扱いしますが、「オレンジライナーえひめ」号は全便通過です・・・)。

三宮に立ち寄るバスは、(阪神高速7号北神戸線~新神戸トンネルへの迂回運行にならない限り)舞子トンネルを抜けたところにある垂水料金所で神戸淡路鳴門道に別れを告げますが、「オレンジライナーえひめ」号はそのまま神戸淡路鳴門道を北進します。

阪神高速7号線へ
布施畑JCTから、阪神高速7号北神戸線へ進路を取ります。

山の中
山の中を縫って東へ・・・。

湖を越えて
金仙寺湖を越えて・・・。

防音壁
阪神高速7号線を走りきると、中国自動車道に合流します。
このように“そそり立つ防音壁”を見ると、何だかんだいっても都市圏だな・・・と、思うことしきりです。

中国池田ICで中国道を降りて、少しだけ一般道を走った後で、阪神高速11号池田線へと進路を取ります。
ちょうど、伊丹空港と梅田を結ぶリムジンバスと同じルートをたどることになります
(あくまでも、大阪梅田へと直行する便のみがとる経路であって、千里ニュータウン経由の便とは経路が異なります)。

防音壁
相変わらず住宅密集地の上を抜けるため、防音壁の高さはそれなりにあります・・・。

神崎川
神崎川を渡ると、大阪市内です。

山陽新幹線
続いて、山陽新幹線の高架をくぐります・・・。

ちょっと渋滞
大阪市の中心部に近づくにつれて、渋滞模様となってきました。

JR東海道本線と並走
JR東海道本線と並走です。
ちょうど、緩行線の321系電車が東へ向けて走り去っていきました。

塚本駅
JR塚本駅の上を通過。

淀川
淀川を渡ると、梅田はすぐそこです・・・。

ビルをぶち抜いて
梅田出口を出る直前に、ビルの中を高速道路がぶち抜いているという変わり種な光景が待っています
(「ゲートタワービル」ですね・・・)。

ビルの中
ビルの中を通過中・・・。

梅田出口で阪神高速を降りると、高速走行もおしまいです。
かつては梅田出口の目の前に梅田貨物駅の光景が広がっていたものですが、昨年3月に閉鎖されてしまい・・・
梅田貨物駅跡地
解体工事中でした・・・。

梅田が近づいてきました
車内では、大阪梅田(阪急三番街高速バスターミナル)への到着を告げる案内放送が流れてきました。

人が小さい
スーパーハイデッカーから見下ろす車と人・・・。

梅田三番街バスターミナル
15:17、途中で渋滞にはまった割にはダイヤより8分ほど早く、大阪梅田・阪急三番街高速バスターミナルに到着しました。
相変わらず狭隘です。
日にもよりますが、やはりここでの降車が一番多いですね・・・。

かつてはここ大阪梅田を終着にする便が多数を占めていましたが、現在では新大阪を終着とする便の方が多数派となりました(経路によっては、先に新大阪で降車扱いをしてから梅田を終着とする便もあります)。

なお、上り便(大阪行き)は、経路の違いこそあれ全便が新大阪で降車できますが、逆の下り便(松山・八幡浜行き)は一部便を除いて新大阪での乗車扱いが“ない”という、地味なトラップが「オレンジライナーえひめ」号にはありますので、何気に注意が必要だったりもします・・・(苦笑)。

新大阪へ
・・・ということで、終点の新大阪を目指して、今しばらくバスは走ります・・・。

いつしか貸切状態に
結局、梅田で私以外の乗客は全員降りてしまい、最後一区間だけですが、貸切状態と相成りました。

再び淀川を渡る
もう一度淀川を渡ります・・・。

新大阪
本便の終点となる、阪急バスの新大阪バスターミナルが見えてきました。

到着
・・・ということで、15:28、やはり定刻より6分ほど早いまま、新大阪バスターミナルに到着しました。
約5時間ちょっとの、快適なバスの旅でした。

早速回送で去っていきました
私一人だけを降ろしたバスは、「回送」表示となって、早速車庫へと回送されていきました。

バスターミナル
かつてはいかにも間に合わせの設備だった阪急バスの新大阪バスターミナルですが、一昨年に新ターミナルが開業して、ずいぶんと様変わりしてしまいました・・・。

しつこく「車両・サービス編」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ