オレンジライナーえひめ号・阪急バス(2014年2月)その②

「その①」のつづきです・・・

吉野川SA到着
(画像は再掲)

松山市駅を10:10に出発した「オレンジライナーえひめ」号(大阪梅田・新大阪行き)は、11:58に最初の休憩地である吉野川SAに到着しました。

吉野川SA
ETC搭載車に限り、ここから一般道に出ることもできるみたいです・・・。

小休止
車内のモニターでは、「小休止いたします」の表示。

ライバル停車中
この吉野川SA、愛媛・高知方面から京阪神に向かう高速バスにとっては、定番中の定番休憩地ですが、このときも西日本JRバスのエアロバスが停車中でした。
時間帯からして、高知駅10:40発のJR大阪駅バスターミナル行きの便であったものと思われます
(この後、しばらく続行状態になっていました・・・)。

予定通り10分ほどの休憩を終え、12:09にバスは吉野川SAを出発しました。
当日は朝起きたのが早かったこともあってか、淡々と走る徳島道の景色に眠気を誘われたのか・・・、気がつけば藍住ICの手前まで、バスは来ていました。

德島県道
藍住ICで德島道を流出し、しばらく德島県道1号線を走ります。
ビニールで蔽われた野菜畑が目につきました・・・。

高松道
板野ICから高松道に入り、ふたたび高速道路を走ります。

しばらく走ると・・・
大毛島
小さな吊り橋(小鳴門橋)が見えてきました。
四国本島を離れ、大毛島へと進んでいきます。

鳴門海峡
当日は曇天(雨こそ降ってはいませんでしたが・・・)。
鳴門海峡の視界も、あまりよくはありませんでした・・・。

大鳴門橋
大鳴門橋を通過。
渦潮は・・・バスの中からではちょっと厳しいですかね・・・。

淡路島
淡路島に入りました。
淡路島に入ったあたりで、最初の映画である「ライジング・ドラゴン」は終わって、しばらくモニターは真っ黒なままでした・・・。

西淡志知バス停
淡路島を縦貫する神戸淡路鳴門自動車道には、高速道路上のバス停も何カ所かありますが、そのうちのひとつ、「西淡志知」バス停です。
もっとも、このバス停に隣接して設置されている「陸の港西淡」の方が、利用客は多かったりもします。
昨年の5月に、この「西淡志知」バス停から枚方市まで高速バスで抜けたこともありましたっけ・・・。

タマネギ畑
淡路島らしく、タマネギ畑が目立ちます
(特に島の南の方で・・・)。

播磨灘
しばらく走ると、車窓左手(西側)には播磨灘のパノラマが展開します。
とはいえ、天気はアレなんですけどね・・・。

室津PA
播磨灘が見えてくると、二回目にして最後の休憩地である「室津PA」はすぐそこです・・・。
四国と京阪神を結ぶ高速バスの定番休憩地だけあって、この日も、「吉野川SA」でもご一緒となった西日本JRバスの「高知エクスプレス」号に加えて・・・

派手なフットバス
やたらと派手な、高松を拠点とする「たかなんフットバス」もいました・・・。

並んで停車
その「たかなんフットバス」の横に停車です。
13:43に到着。
ふたたび、10分ほどの休憩となります。

バス用駐車場
高速バスの定番休憩地らしく、バス用スペースが複数用意されています。

トラック群
トラックも多いです。

海
晴れていれば播磨灘のパノラマが展開しますが、あいにくの曇天・・・。

「その③」につづきます・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ