懐中時計轟沈

かれこれ4年ほど、

懐中時計をメインで使ってきました

何せ、

腕時計は夏に涙目
(主に汗的な意味で・・・)

・・・それ以前に・・・


腕が太すぎてロクに巻けない
(オマエはどこまでデヴなのだ・・・orz)

**********

そうして、約1,500円で買われた安物でありながら、電池交換を何度か経て、元気に動いていたのですが、

昨日、エスカレーターに誤って落下させてしまいました・・・(泣)

今までも、実際には何度か落っことしたことがあったのですが、さすがに、

エスカレーターの鉄板の上に落ちたら、無傷とはいきません罠・・・

風防のガラスが割れてしまいました・・・orz


・・・というか・・・


ウチの懐中時計の風防って“ガラス”だったのかよ!!
(安物なので、てっきりアクリルか何かだと思っていたのですが・・・)

時計本体は、秒針が外れたことを除けば、機能こそしているのですが、

風防のない懐中時計では、実用には堪えません
(ポケットのなかに放り込んで、気になった時に時間を確認するという用途には、針がずれてしまうので使えない・・・と)

したがって、代替機を何とかする必要が出てきてしまいました。

まあ、自業自得と言えばそれまでですが、何年も当たり前のように使っていたがゆえに、大切にしようとする気持が薄れてしまっていたのかもしれない・・・と、反省することしきりです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ