トワイライトエクスプレス(見ただけ)

先月大阪駅を通過した際に、たまたま正午前だったためか・・・

停車中
10番乗り場に、「トワイライトエクスプレス」号が停車中でした。
東の「北斗星」・「カシオペア」(&「あけぼの」)と並んで、現在もなお走り続ける数少ない客車寝台特急列車のひとつです。

入線は早い
ご覧の通り、大阪駅に着いたのが11時半前ですが、

すでにホームに入線している
(発車時間にはまだ30分ばかり余裕があるというのに)

・・・というのが、特別な豪華列車の、豪華列車たる所以なのでしょう。

Bコンパートから
下り列車(札幌行き)の場合、(客車としての)先頭車両は、Bコンパート(開放型のB寝台車に、廊下との間の仕切を後付けで取り付けたもの。4名で利用すると簡易個室としても利用可能)です。
これで一番ランクが低い・・・のですが、

入口からして違う
扉の先は本格派です・・・。
というか、日常的に乗車する列車で、「敷物を敷いてある列車」なんて、まずありません罠・・・。

札幌行き
乗車できれば(「できれば」・・・の話ですが・・・)、翌朝には北海道の地です・・・。
この行先表示にどうしようもないロマンを感じるのは、私だけでしょうか・・・。

電源車
一方、機関車の直後は電源車です。

轟音
ディーゼルエンジンの轟音が、昼前の大阪駅に響いていました・・・。

44号機
先頭は専用塗装のEF81形です。
青森までの日本海縦貫線を、延々と牽引し続けます。

どうでもいいことですが、25年ほど前の「トワイライトエクスプレス」の登場時に、

前面窓周りの黄色帯ダセェ

・・・と、クソガキの分際で悪態をついていたものですが、

慣れれば案外悪くない

・・・と、最近は思うようになりました・・・。

EF81
この日は44号機が牽引していました。

ヘッドマーク
大胆にイメージチェンジしたダークグリーンのカラーリングに、それまでの寝台特急ではあり得なかった(そして、その後も登場していない)「ピンクなヘッドマーク」は、未だに新鮮です。

**********

・・・ということで、乗る予定もなく、たまたま見かけただけなのですが、

一度は始発から終点まで乗り通してみたい列車のひとつ

・・・であることに、変わりはありません。

今でこそ「日本で最も豪華な列車」の称号は九州の「ななつ星」に譲りましたが、全室2人用個室(東の「カシオペア」も同様)ということもあって、

1人でも(ぼっち非コミュでも)乗車できる寝台列車としては未だに日本最高峰

であることに、変わりはありません
(「トワイライト~」には、1人用A個室寝台である「ロイヤル」が連結されているため)。

B寝台などとみみっちいことを言わずに、A個室で札幌まで乗り通してみたいものなのですが、乗ることができる日は果たしてくるのやらこないのやら・・・
(なお、いかに徹底的にリニューアルされているとはいえ、種車となった24系25形客車はもはや車齢30年以上、牽引するEF81形に至っては40年以上とあっては、北海道新幹線の新函館開業にあわせて“廃止”という一部報道も、無理はないのかもしれません。それでも「置き換え用の新車」に、一縷の望みをかけてみたいところですけどね・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ