松山EXP大阪8号の旅(その①)

先日地元から戻ってきた際に、

JR四国バス名物・アンパンマン高速バス

に、無駄に乗って帰ってきました。

その時の記録です・・・。

**********

JR松山駅前バス停
やって来ましたのは、1月某日のJR松山駅前バス停です。
バスを待っていると・・・

ダブルデッカー
名古屋から德島・高松を経由してJR松山駅前に到着した「オリーブ松山」号のダブルデッカーなエアロキング。

久万高原線
四国山地に囲まれた落出から通勤通学客を松山まで運んできた「久万高原線」の路線バス。

・・・といったところが、車庫のあるJR四国バス松山支店へ向けて最後の一走りをしていっていました。


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・待つことしばし・・・。

アンパンマン高速バス
そのJR四国バス松山支店から、9:20過ぎにアンパンマンがラッピングされた「松山エクスプレス大阪8号」となるエアロバスが到着しました。

早速乗務員氏に改札を受けて、荷物をトランクに放り込んで車内に入ります。
改札スタンプが押された乗車券は、降車地まで乗客が管理し、降車の際に乗務員氏に渡すのが、JRバススタイルです。

それはともかくとして、その改札スタンプを見てびっくり・・・

德島支店の乗務員氏だった!!

・・・いったいどんなハードな運用になっていることやら・・・
(おそらくは「德島→大阪→松山→大阪→德島」と推測されますが、JRバスならでは・・・ですね)。

車内は普通
外観はラッピングされていますが、車内はいたって普通です。
エアロバスとしては最晩年に投入された車両(平成19(2007)年の登録)だけあって、現在も投入の続くエアロエースと同様に、ヘッドレストが大型化されたリラックスシートを装備しています。
このシート、うたた寝しながら移動する際には結構快適です。
やや古い車だけあって、コンセントは残念ながらありません。

車内は普通
親会社JR四国のアンパンマン列車ならば、天井にアンパンマンのステッカーが貼られているところですが、このバスには特にそれはありません・・・。

クーラーボックス
トイレの上にはクーラーボックスが設置されています。

お茶
中にはお茶がいっぱい。
1人1本とはなりますが、無料で飲むことができます。
こういうちょっとしたサービスがポイントの高いところです。

**********

さて、JR四国バスの場合、直接チケットセンターで発券を受けるほかに、2つのインターネット予約システムを利用することができます。

JRバス共通の「高速バスネット」と、民鉄系も含めて全国を幅広くカバーする「発車オーライネット」です。
この路線については、

発車オーライネット枠:前方
高速バスネット枠:後方

に、割り当てられています。

どちらも、

インターネット上で座席を指定することができる
(ただし、「高速バスネット」については、クレジットカード決済する場合に限られます)

・・・のは、非常にポイントの高いところです。
松山大阪間には、民鉄系(伊予鉄バス・阪急バス)の「オレンジライナーえひめ」号も運行されているのですが、ネット上からは(今のところ)座席の指定はできません。
そんなこともあって、最近はJRバスを使うことの方が多いです・・・。

バスヲタのやることと言えば、まあだいたい想像はつきますね・・・。

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
1A席
毎度おなじみの「1A」席ですよ(笑)。

足もとは狭い
1A席の定めとして、足もとは正直狭いです。
一応フットレストはありますが、あまり使い物になりません。

展望はよいです
もっとも、この良好な展望を堪能できると思えば、足もとの狭さなど些細な問題です・・・。
乗車日は「終日雨予報」で、どうなることかとやきもきしたのですが、JR松山駅の時点では雨は上がっていました
(なお、その後行程が進むとやきもき・・・を通り越して驚愕することになるのですが、それは次回のエントリーで・・・と)。

**********

1番席
ちなみに、客席までのステップには、何気に赤系統の敷物が敷かれていました
(何度もJR四国バスのエアロバスには乗っているのに、今まで意識したことがなかった・・・orz)。

屋根とか
運転席の上にはLEDディスプレイがあって、上段には停留所情報、下段には「見えるラジオニュース」の情報が延々と流れています。

行先表示機の裏
ちなみに、1A席横の壁にはLED行先表示機にかかわる出っ張りが微妙にあります。
この程度であれば特に気になりはしませんけどね・・・。

吹出し口とか押しボタンとか
空調吹出し口とか読書灯とか降車ボタンとか・・・。

一応掛け毛布
1C席の上には、ひざ掛け(ブランケット)も用意されてはいるのですが・・・

私の知る限り、使われているところを見た記憶はありません・・・(苦笑)。
(積極的にアナウンスされていることを聞いたこともありませんから、存在さえ知らない人の方が大半では?)

まあ、昼行便ですからね・・・。夜行便ならともかく
(ちなみに、当路線のライバルとなる「オレンジライナーえひめ号」では、伊予鉄バス・阪急バス便のどちらも、昼行便でも全席にブランケットを備えています。あちらのサービスレベルが「高すぎる」だけのことであって、このJR四国バスも、昨今の昼行高速バスとしては十分なサービスレベルを保っているんですけどね・・・)。

**********

定刻の9:30に、JR松山駅前を発車です(以下、発着時刻は車内時計によります・・・)。
この日の乗客は、JR松山支店から1人、JR松山駅前からは5人ばかりというところでした。

県道松山港線を東へ
発車すると、しばらくは伊予鉄道の軌道線と並走していきます。

平面交差
伊予鉄道の大手町駅では、運がよければ(?)、踏切に引っかかって平面交差を目の当たりにすることができます。

松山城の麓をゆく
西堀端から南堀端に入り、松山市役所の前で左折すると、眼前には松山城が広がります。
この日はたまたま、伊予鉄道の誇る「坊っちゃん列車」(第二編成)と並走しました。

大街道
「坊っちゃん列車」と並走しながら、大街道に到着です。
珍しくここからの乗車がない状況で、若干遅れた9:40に発車。

勝山町で路面電車とサヨウナラ
大街道のすぐ先の勝山町で、路面電車ともお別れです。

マドンナEXPが先行中
その勝山町の交差点では、このバスの2分前にJR松山駅前を出た、同じくJR四国バスの岡山行き「マドンナエクスプレス4号」に追いつきました。
しばらくはこのバスの後ろを走っていたのですが、天山交差点の手前で運転士氏どうしが何やら合図しながら、こちらが先行することになりました
(その際に見えた限りでは、「マドンナEXP」は半分ほど乗っていて、こちらよりよっぽど乗車率が高かったです(苦笑))。

国道33号を南下
天山交差点を左折すると、国道33号線を南下します。
いつもながら交通量は多いです。

松山ICバス停
国道33号線をしばらく南下して右折すると、松山IC口バス停です。
ここから1人乗車。
定刻からわずかに遅れて、9:56に発車です。

外環状線工事中
バス停の先では、松山ICと接続して松山空港や松山観光港へのアクセス道路となる「松山外環状線」の建設工事が着々と進んでいました。

松山IC
松山ICからは、高速道路を走行します。

左へ
高松方面へ進路をとります。

田園地帯を切り裂いて
郊外の田園・住宅地といった感のある地域を、高速道路はぶち抜いて疾走していきます。
割と住宅はある方だと思うのですが、防音壁なんてみみっちいものをわざわざ作らないのが、四国くおりちーなのでしょうか・・・(苦笑)。

松山道を行く
松山自動車道もすっかり高速バス天国です(神戸淡路鳴門道ほどではありませんが・・・)。
同じくJR四国バスのエアロバスとスライド(路線はよくわかりませんでした・・・)。

ウワジマエクスプレスがぶち抜いていった
スライドすることもあれば、並走・・・を通り越してぶち抜かれることもあり
同じく神戸・大阪に向かう宇和島からの「ウワジマエクスプレス」の昼行便が、川内ICの手前で華麗にぶち抜いていきました(そして、二度と追いつくことはありませんでしたとさ(笑))

川内IC
川内ICバス停はインターの外にあるため、一旦高速を流出します。
川内ICバス停は、定刻から若干遅れて10:07発。
乗車はありませんでした。

「その②」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ