久々に平面交差

昨年の大晦日に、久々に鉄道線と軌道線の平面交差(「大手町駅」の有名な方;あまり知られていない「古町駅」の方は、昨年夏に帰った際に訪ねてきました・・・)に出かけてきました・・・というか、“降り立ってみました”ので、その時の記録です。

なお、「大晦日」の乗車だけあって、真の意味での昨年の鉄道乗り納めはこの時となりました
(JR線の乗り納めは、JR四国2000系気動車の「しおかぜ21号」でした)。

同日は瀬戸内海に浮かぶ興居島へと年末のお墓参りに出かけて、高浜駅から大手町駅まで乗り通しました。

路線図
3000系に当たりましたが、扉上の路線図でも、古町駅と大手町駅で鉄道線(郊外電車)と軌道線(市内電車)が交差していることが示されています。

平面交差
列車が大手町駅に近づきました。
愛媛県道19号線(松山港線)を横断します・・・。

平面交差
軌道線の「大手町駅前」電停には、JR松山駅前行きの5系統の市内電車が停車中でした。
たまにはこうして車内から平面交差の様子を眺めるのもいいものです・・・
(なお、伊予鉄くおりちーにつき、データイムの車内は閑散としていますので、他の乗客の迷惑・・・には、たぶんなっていないはずです・・・。「あのオッサン何にカメラ向けてんだ?」とは、思われていたかもしれませんが・・・)。

データイムにおいては、この大手町駅で鉄道線の上下電車が行き違います。
よって、自分の乗車してきた下り電車(松山市・横河原方面行き)を降りて、ホームから平面交差にカメラを向けると・・・

平面交差
高浜行きの上り電車が平面交差を通過していくところでした。

この日はJR松山駅・・・の構内デパート・・・もといKioskに土産物を調達しに行ってきましたので、松山駅まで歩いていくことになります
(市内電車でも行けますが、「大手町駅前」の次が「JR松山駅前」ですし、歩いても5分ちょっとの距離ですからね・・・。なお、伊予鉄道の鉄道線では、JR松山駅へ行く際にはこの大手町駅で降車するようにアナウンスされます)。

松山EXPがゆく
踏切を渡っていると、15:30にJR松山駅前を出た「松山エクスプレス大阪16号」の西日本JRバスが通過していくところでした。
相変わらず、この便は旧式のエアロバスです(時間帯が私にとって割と都合がよいため、よくお世話になります・・・。直近では昨年の9月に乗車しています・・・)。

平面交差
エアポケットのように、電車も車もいなくなりました・・・。

正面はお堀です
踏切の西にある交差点の横断歩道を横断中のカットです
(青信号の横断歩道を渡っている際に手早く撮影していますので、道路交通も電車の運行も阻害はしていないはずです)。
こうして見ると、(東方向の)正面が松山城のお堀であることがよくわかります
(西方向の正面はJR松山駅です。つまり、伊予鉄道の軌道線(大手町線)と県道19号線が、JR松山駅前から西堀端まで東西にきれいに走っている・・・ということにも、なります)。

大手町駅から5分ちょっと歩いて、JR松山駅で用事を済ませて、
JR松山駅前バス乗り場
実家へ戻るべく、JR松山駅前の伊予鉄バス乗り場にやってきました・・・。

松山駅からも見えます
このバス乗り場から大手町駅方面にズームをかけると、このように平面交差の様子を眺めることができます。
要は、JR利用で松山駅から降り立ったら、

すぐに全国で唯一残存している鉄道線と軌道線の直角平面交差にアクセスできる

・・・ということでも、あります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ