日雇い単純バイトがゆく

前期の非常勤(バイト)講師業がおしまいになり、こないだから

日雇い単純バイト

に、入り始めました。

年に3回くらい、各回1ヶ月くらいですから、

年に3ヶ月くらい

のみ、週30~35時間くらいこき使われています。
約1ヶ月の期間が終わればポイ捨てなのが、

日雇い

というゆえんであり、

誰でもできる

というのが、

単純

というゆえんです。

実は前回に諸般の事情により入らず(入れず)、約半年ぶりなのですが、

1日入ったらもう感覚が戻ってしまう

のが、誰でもできる単純バイトの、単純たるゆえんです。ハイ。
実際、いくら回数を重ねてもビタ一文時給が上がるわけでもなければ、その時給も(公共交通機関による通勤を強制されること=交通費を自腹で出さなければならないことを考慮すれば)安いと来ていまして、だったら何でそんなのやってるの?というものですが、

そんなのにしかありつけない中年無職歴キモプアだから

と言ってしまえば、それまでです。

そんなのでも、

まだ雇ってくれるだけマシ

と、言わなければならない現実に、どうしようもなくなります
(あとは、人間関係ナッシングなので、いろいろとめんどくさくない(私のような引きこもり非コミュ気質の人間にはちょうどよろしい)ということも、ありますけどね)

********

当然、

小遣い稼ぎのオバハン
小遣い稼ぎの学生バイト


が多数を占めますが、リストラされたのか、私のように他に選択の余地がないのか・・・

時々いい年をしたオッサン

が混じっていて、やるせなくなってしまいます。


そこまでして、生きないといけないのでしょうかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ