ユッケ雑感

気がつけば連休も終わりです。
あっというまでしたな
(高貴な社会人様の中には、明日まで休みやがな・・・という向きもあるかもしれませんが)。

********

その連休中、日本を賑わせたことのひとつに

ユッケ食中毒

事件がありました。

社長が逆ギレしたり、土下座したり、何というか、何やってんだろうな・・・
という感を深めるばかりですが、たぶんあの社長は自分も被害者・・・と、心の奥底では思っているんでしょうね。



いつもながら思うことですが、

誰も本気で責任をとらない
何かが起こってから対症療法よろしく対策が打ち出される

というのが、この国のデフォルトなのでしょうか。

社長も社長ですし、現場のスタッフもスタッフですし、納入業者も業者ですし、もちろん国も国です・・・
みんなが

俺は知らん
誰かが悪い
誰かが何とかしてくれる
何も起こらなければ結果オーライ


と、心のどこかで思っているように思われてなりません。

********

その一方で、

牛肉を平気で生で食える

という発想に対しても、どうかと思わずにはいられませんでした。

肉って生で食えるものなの?
(刺身みたいに)厳格に管理されてるの?


という疑問を、生肉食ってた人たちは思わなかったのでしょうかね???

店が生で食っていいというものをそのまま食ったら客が悪いのか?


・・・というのが、多数派の見解なのでしょうけれども・・・

何という店性善説

と、思わずにはいられません。

1980円食べ放題
(どこでどうコストをケチってるの?)

とか、

焼き肉と変わらない値段で生肉が出てくる
(刺身なら加熱調理用のものよりもだいたい高いですよね?そのコストの差はどこから来ているのでしょうか?)

・・・ことに、ちょっとは疑問を持った方がいいのではないかと、思うわけです。
言い換えれば、(特に安さで勝負してくるような店の出すものなんてそうですが)

店の言い分を何も考えずに信用するようなバカな消費者でいいんですか?
ちょっとは「安さ」がどういう仕組みで成り立っているか考えてもいいんじゃないんですか?


・・・なんてことを、思うわけですよ。
(そんなめんどいこと考える奴は、そもそも外食になんて行くな・・・と言われれば、まあそれまでですが・・・)

********

ちなみに、最近は全く行かない(貧乏すぎて行けない)のですが、3~4年くらい前までは、年に何回かやっすい食べ放題の焼き肉を食いに行っておりまして、同行者が平気でユッケを生で食っているのを眺めながら

君らよく生肉なんて食えるね・・・

と、呆れつつ、私自身は

ユッケを焼いて食っていた
(私の分までホイホイ頼んでくれるものですので・・・)

のですが、今から考えれば

それで正解だった

ということに、なります。


まあ、衛生管理がおろそかになり勝ちということもそうですし、いわゆる「ブラック企業」なんていわれるように、従業員を低賃金長時間労働で酷使することもあるのでしょうが、

安く食える

ことが、はたして全面的に賞賛されるべきことなのか・・・

そんなことを、考えてみてもいいのではないか・・・という気がします。

********

・・・ま、私のようなキモプア様にとっては

そもそも外食自体が贅沢すぎですが、何か?

・・・となるので、

無関係といえばそれまで

なのかもしれません・・・orz。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ