桜の名所に異変

土曜だろうが日曜だろうが、ボロアパートにはできるだけいたくないので、大学に出てきては、図書館あたりに住み着いているキモプアなオッサンです(>挨拶)。

ところで、出かけてくる途中に、ちょっとした桜の名所として知られるスポットがありまして、土曜の今日などは、観光客がウロウロしておりまして、正直うっとうしいといいますか、京都では何事もないように日常が繰り広げられている・・・と、思うことしきりです。

しかし、観光客をよく観察してみると、例年と決定的に違うところがあります。


外国人がいない!!!

いや、全然いないわけではないのですが、例年に比べて明らかに

割合が少ない

のです。


福島からはたいがい離れているはずなのですが、そんなことお構いなしに、外国人は日本に来たがらないのが現実・・・ということを、目の当たりにしてしまいました。

こうなると、もはや

日常が・・・

とは、いえなくなってしまいますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ