小さくても、できること・・・

大震災の発生から、1週間が経過しました。

今更ですが、また、所詮プアな私のやることなので少額ですが、
少しでも被災者の方々のお役に立てればと思い、義援金を日本赤十字社宛に振り込んできました。

自己満足かもしれません、あるいは偽善なのかもしれません・・・

それでも、これだけの未曽有の災害を目の当たりにして、何もしないではいられませんでした。


計画停電の影響をうける首都圏ならまだしも、直接の被害を受けているわけではない関西圏でさえ、
電池や懐中電灯類の買い占めに走ったり(特に電灯類は、全く見かけられなくなりました・・・)、
コメの買い占めに走ったり(こないだここでも書いたとおり・・・)・・・

そんな、

短絡的
自分だけよければそれでいい
自分が被害を受けなければそれでいい

・・・という人間の、なんと多いことか・・・。

そして、そんな連中が買い漁るおかげで、本当に必要としている人たちのところに肝心のものが
届かないということが、何という無念なことか・・・。

そんなことを、考えずにはいられません。

一人一人の行動は、確かにちっぽけなものかもしれません。
でも、そんなちっぽけな行動が積み重なるとき・・・

甚大な影響

が、生じます。

つまり、

全国的な物不足

が・・・。

********

いや、

決して自分の私利私欲のためにやっているのではない
被災地の親族や知人のためだ・・・


そういう考えで動いている人たちも、確かにいるでしょう。

・・・が、それが積み重なったとき、結局モノ不足で苦しめられるのは、被災地の人たちです。

自分が苦しまなければ、自分と関係のない人間だったら、どうなってもいいというのでしょうか・・・。


そんなことを、思わずにはいられません。

心から、被災地の復興を願います。
長い道のりだと思いますが、それでも、願います。

そして、今回は「たまたま」災害から逃れた西日本の人間にできる一番のことは、

浮き足立たずに冷静であり続けること
パニックに陥ったり買い占めに走ったりしないこと


であるように、思われてなりません・・・。
たとえそれが小さなことであっても、積み重なれば被災者の方々のためになるのですから・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ