現実は残酷

しっかし寒いですな・・・。
京都市内は、昨年の大晦日、何日かは忘れましたが今月某日に続き、実に3度目の雪化粧です。
昨年の夏がアホみたいに暑くて大変な目に遭いましたが、

冬もアホみたいに寒い

・・・救いようがありませんな。
何にしても、極端というのは考えものであります。

さて、暖房もない安アパートにいても寒いだけなので、いつも通りに
大学に暖房を求めに出かけていたのですが、

なぜに通りに人がこんなに多い???

・・・と思っていたら、中継車に続いてランナーが続々と駆け抜けていっておりました。

テレビ中継で眺めていた方もいらっしゃるかもしれませんが、
全国女子駅伝が行われていて、ちょうどそれに遭遇したようです。

直前に通りは横断しておいたのでよかったようなものですが、
これが横断し損なっていたら・・・

最後のランナーが通過するまでボサッと突っ立っているしかない

・・・という状況になります。

********

折り返し点も過ぎて、だいぶ各都道府県のランナーの間にも差ができている状況でしたので、
通過が終わるまで眺めていると、結構な時間が経過しました
(結局、通りを予め渡っていないのと同じ結果になっていますね・・・orz)。

・・・で、去りゆくランナーを眺めながら思っていたのですが、

同じ距離を
同じ数のランナーが走って

・・・残酷なくらいに差がついてしまう


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

どのランナーも、別に手を抜いているわけでもないのに、現実には厳然としたタイム差がつきます。

そうしてランナーたちが通過していくのをボサッと眺めながら、

一生懸命練習して、一生懸命走っても・・・
現実には差がついてしまう


・・・・・・
・・・

現実は万人に平等には絶対にできていない
現実って残酷だな


・・・
そんなことを、思わずにはいられませんでした。


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
もっとも、どれだけ一生懸命に努力しても一切差がつかない・・・
そうなってしまえば、それもまた、残酷なのかもしれません。

・・・どう足掻いても残酷なのが、現実なのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ