カテキョ失格ですが、何か?

短期集中固め打ちで1ヶ月ほど行っていたバイトを、予定通り
期間満了によりクビになりまして、今やっているのは週二の家庭教師(=カテキョ)だけです。

中学2年生の少年相手に、5教科すべてをみております。
ま、要するに

何でも屋

ですな。

・・・で、先週は英語の教科書片手に、予習ノートを作らせていたのですが、
最近の中学生は

年号の読み方

を、教わっていないといいます。

いいのか、それで・・・?!

********

ということで、しかたないので、

「1947年」

を、どう読むのか・・・

どう読むのか・・・
どう読むんだったっけ・・・orz。

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

そうか!!!

nineteen hundred seven and forty
(19×100、7と40)


・・・で、堂々と生徒に教えて、帰りました。


とんでもない間違い

だったと気がついたのは、帰ってからでした。

********

冷静に考えると、

nineteen forty-seven
(19、47)

です・・・orz。


ちなみに、「19×100、7と40」というのは

ドイツ語式の数え方

(neunzeen hundert sieben und fuenfzig;
ノインツェーン フンデルト ジーベン ウント フュンフツィッヒ)

です・・・。



英語とドイツ語がごっちゃごっちゃ


・・・こんなウソを堂々と教えるアホでも、偉そうにカテキョ名乗ってます・・・。
限りなく失格風味ですが・・・orz。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ