“極端”に過ぎる・・・

気がつけば7月も折り返し点を過ぎました。
例年であれば、そろそろ梅雨の終わりどき・・・というところですが、今年はメガトン級の集中豪雨が終わると、一挙に梅雨明けしてしまいました(関西の場合)。

梅雨が明けたとなると“夏本番”ではあるのですが・・・



本番過ぎるだろ・・・orz






・・・ということで、昨日の京都くんだりの最高気温は体温超えの“38.7度”だそうで、どうにかしています
(今日はややマシになるとは言え、それでも38度コース・・・)。


ほんの10日ほど前までは、豪雨だ氾濫だ土砂災害だ・・・と叫ばれていたのが、



熱中症を警戒せよ


・・・という、この“極端”から“極端”への移行


真夏ですから暑いのはしかたないのでしょうが、


“あんまり”ではないでしょうか・・・。




そういえば、一昨日の夕方に、大阪に出かける所用がありまして、なんばから久しぶりに“直Q京都”号(短距離高速バス)に乗って帰ったのですが、最前列にいると運転手用の業務無線から、


「JR線からの振替輸送は終了」


・・・という声が聞こえてきまして、JRがまた人身事故で止まっていたのか・・・と思いきや、さにあらず。



あまりに暑すぎて、レールの温度が規制値を超えたので、JR学研都市線(片町線)が止まっていた



・・・のだ、そうでして・・・
(もっとも、JR線だけは先月の大阪北部地震の影響で、レール温度の規制値を通常よりも下げているので、止まりやすくなったり徐行しやすくなったり・・・という事情はあるようです)。

雨で止まったと思ったら今度は暑すぎて止まるのですから、どうにかしています。




“ちょうどいい夏”は、どこへ行ったのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

猛暑ですね

確か管理人さんの住まいはエアコンがなかったと、以前のコメント(エアコンの騒音の件だったか?)で書かれていたように記憶していますが、体調はいかがでしょうか。

私の住んでいる地域では、都会のような地下街は皆無で、それどころか直鎖日光を遮る建物等がないエリア(周囲が田畑・空き地など)もあります。あえてマイカーを持たず、市内の移動には自転車・バス(本数が少なく、外出前の時刻表チェックは必須)を主に活用しますが、バス停近くに駐輪場がない場合は炎天下の中を徒歩で移動する必要があり、炎天下での10分以上の徒歩はきついと感じます。
気象庁は不要不急の外出を控えるよう言ってますし、全国では何名か命を落とすようレベルの酷暑のようです。どうぞご自愛ください。

Re: 猛暑ですね

KTさん、コメントありがとうございます。
今日もどうにか生存しております。

冬になると室外機の轟音を前に毎年ぼやくのですが(さりとて、より高い住居に移住するゆとりもなく・・・って、税金もさることながら、社会保険料が高すぎるのが痛い)、「エアコン」はなく、「(ウィンドウ)クーラー」はあるというのが、実情です
(もともとは全室ウィンドウクーラーだったのが、それでは借り手が集まらないのか、借り手が入れ替わるタイミングでエアコンに入れ替わっているのです。逆に、私のように長いこと住み着いているのは放置されている・・・と)。

なお、そのウィンドウクーラーは、製造後15年はたっぷり経っている遺物で冷媒が抜けているのか、何年か前に回したときにはホコリを撒き散らしてうるさいだけで冷風が出てきませんでした。申し出ればエアコンに変えてくれるのかもしれませんが、私のエアコン嫌い(主に轟音のゆえに)はエアコンが高級品だった頃を知る高齢者も顔負けのレベルなので、退去する(orさせられる)までは、このままでしょう。
むしろ、業務が一段落したらさっさと地元に逃亡することを考えています(・・・って、実家の私の部屋のエアコンも、前世紀の遺物で動かないオブジェなのですが・・・京都に比べれば同じエアコンなしでも松山の方がはるかにマシです)。

・・・ということで、人間「ない」なら「ない」に慣れると何とでもなるものですが、昼間については某所の共同利用研究室に住み着いて--今もそこから書いています--、(一応28度設定とはいえ)エアコンの恩恵に与っているので、私もずいぶん堕落しているのかもしれません・・・。
もっとも、今年の京都は連日の猛暑日で、しかもただの猛暑日ではなく最高気温37-39度というレベルが10日近く続いているのですから、昼間はどうしようもありません。

KTさんがお住まいのところは、京都(盆地)ほどのどうしようもないところではないと思われますが、この気候では関東以西のどこに行っても、状況は大して変わらないのかもしれません。
KTさんにおかれましても、くれぐれもご自愛くださいませ。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ