プチ夜桜(松山城堀之内)

年度末で少し時間ができましたので、先月に引き続いて地元に籠もっています。
なお、先月に戻ったときに松山城に登城したり伊予灘ものがたり・道後編に乗りにいっていたりするものですから、今回は割と引きこもっている予定です。

天気と気候はとてもいいんですけどね・・・。




P3297685_R.jpg
さて、地元への戻りには、久しぶりに京阪高速バスの松山線を利用しました

その乗車記録はそのうち整理しますが、順調に走ってきたこともあって少し早着となり、乗り継ぐ一般路線バスまで少し時間が空きましたので・・・。

DSC_2664_R.jpg
花園町通りを北上して・・・
(ちなみに、松山市駅と南堀端を結ぶのが花園町通りですが、松山で最も広い通りだそうでして・・・)

DSC_2666_R_201803311237444f2.jpg
南堀端(その名の通り、松山城のお堀の南側)へと、プチ夜桜見物にやってきましたので、そのときの記録です。

DSC_2668_R_20180331123746b81.jpg
夜のお堀を渡りまして・・・

DSC_2669_R_201803311237470ea.jpg
堀端には、“桜並木”とまではいえませんが、ところどころに桜が植えられており、折しも満開の見頃を迎えていました

P3297703_R.jpg
“並木”とまではいえないからか、スペースに制約があるからか、ブルーシートを敷いてお花見・・・という需要はないようで、満開の桜を存分に堪能できました

出発前の京都市内も見頃を迎えていましたが、松山も今が見頃ですね。
おそらく、この週末が花見のピークではないでしょうか。
そう考えると、例年よりも“やや早い”といえそうです・・・。
3月、全般としては妙に暖かかったですからね・・・。

なお、居座って花見をする人をこのときは見かけませんでしたが、散策する人通りは夜21時を回ってもそれなりにありました・・・

P3297710_R.jpg
折しも夜空には月が・・・。
桜越しの“月”というのも、なかなかに風流なものです。
下手くそな腕による画像では今一つ通じないのは毎度のこととして・・・。

DSC_2691_R.jpg
他方で、夜に手持ちで撮るのですから、腕以上にブレとの戦いという気も・・・。
もっとも、手ぶれ補正機構により、夜の手持ちでも“ここまでできる”という見方もできます。
さすがに、高速バスで移動して三脚までは持ちあわせていませんしね・・・。

DSC_2685_R.jpg
しばしベンチを拝借して・・・

DSC_2673_R_201803311237431b8.jpg
街灯に照らされた満開の桜を、しばし見上げていました。
一人で貸し切ることができるのも、贅沢なものですね・・・
(他方で、首からデジイチをぶら下げてボー--ーっと上を見上げているキモい中年・・・端から見たら“ホラー”だったのかも・・・orz)。

DSC_2682_R_20180331123806136.jpg
目の前を、伊予鉄道の市内電車やバスが行き来します・・・。

DSC_2696_R.jpg
もっとも、優雅な時間は長続きしません・・・。
そうこうするうちに乗る予定の一般路線バスの発車時間が近づいてきたようです・・・。

DSC_2708_R_20180331123809b2c.jpg
再びお堀を渡りまして、帰っていったのでありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ