えいでん“ひえい”・・・の、記念タイピン

去る3月21日より走り始めた叡山電鉄の新名物・・・“ひえい”(デオ732号)。

観光用に既存車両を改造する・・・というのは全国的によくあるパターンですが、あまりの“キワモノ”・・・っぽい前面形状で、一部の世間を騒然とさせたとかさせなかったとか・・・

私自身も、最初のプレスリリースの際に公表されたイメージイラストを見て、

ホントにこんなスタイル実車で再現できるのかよ・・・


・・・と思っていたのですが、いざ出来上がってみると、


イメージイラストのとおりやんけ・・・




・・・と、ある意味で感心するばかりです
(こんな感心、四国名物(?)の「鉄道ホビートレイン」以来のものですね・・・)。




さて、実車にはまだ乗りに行く機会を得られていないのですが(最初のうちは混んでるでしょうから、落ち着いてから・・・と)、登場を記念して発売されているグッズのひとつである・・・

P3237279_R.jpg
ネクタイピン(税込1,000円)を調達してきましたので、無駄にさらしておきます。

ちなみに、今のところは、叡山電鉄のターミナルである出町柳駅のインフォメーションカウンターのみでの発売となっていますので、無駄に出かけてきました・・・
(どうせ市バス一日乗車券をつかうなら、(仮に)通販があったとしても実際に買いに行く方が早くて安いですし・・・。発売から期間が経過したら、親会社のおけいはんのネットショッピングで買えるようになるかも・・・しれませんね)。

P3237286_R.jpg
この手の記念タイピンというと、実車を再現することが多いのですが、今回の“ひえい”ネクタイピンは

実車側面を“イメージ”したもの
実車前面を“イメージ”したもの


・・・という2種類構成。

ヲタ的には明らかに「実車を“再現”したもの」の方がご満悦なのですが、非ヲタにも売ろうとしたら、“イメージ”の方が適切なのでしょうかね・・・。

実車を“再現”したバージョンがあれば間違いなくそれを(少々高くても)選択するのですが、どっちも“イメージ”ということで、普段使いでも違和感が少なそうな、側面イメージバージョンを選択しました
(「普段使うのかよ?」ですって・・・?? 鑑賞用ではありません、ふつうに使いますが何か?)。

より“ひえい”らしいのは、前面イメージバージョンなのでしょうが、“イメージ”は“イメージ”ですからね・・・


P3237283_R.jpg
裏から眺めてみるとこんな感じ。
金メッキ仕様なのは、ロゴマークが金色だからなのか、車両前面がゴールドのリングに彩られているからなのか・・・。

P3237277_R.jpg
ちなみに、購入した際に紙袋に入れてもらいましたが、この紙袋がまた“いい”のです


“叡山電車”の文字が書かれているだけという、The・シンプル




・・・ということで、実車にまだ乗ってもいないのに、記念グッズだけ買ってきたというアホな記録でした

欲を言えば実車を再現したデザインのタイピンだと、普段使うときにも使い甲斐があるのですが・・・。



それはともかくとしても、叡山電車の新しい“シンボル”となった「ひえい」・・・そのうちに乗りにいこうとは思っていますが、さていつになることやら・・・(とりあえず学校の春休みと桜のシーズンは終わらないと、落ち着きそうにないですね・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ