バスコレ・京都市交通局エアロスター

気がつけば11月が終わっていきます。
今年何やってたんだろ・・・ということは、1ヶ月先にも同じようなことを思いますのでまあよいとして、最近微妙に多忙なので、更新するヒマがありません。
年度の前半に用務でフラフラしていたついでのネタならいろいろとあるんですけどね・・・orz。

・・・ということで、埋めネタ風味ではありますが、以前購入しておいたバスコレクション第22弾(京都市交通局エアロスター)のレビューめいたものでも整理しておきます。




PA284496_R.jpg
さて、通常のバスコレクションはみなさまご承知のとおり(?)ブラインドパッケージです。
そのあたりを見越してか、需要と供給のバランスを全国レベルでとるためか、開封売りしている店舗もチラホラありますので、割だかになることを承知のうえで、確実に“アタリ”をひける開封販売にて調達・・・。
もちろん正規価格より割高ですが、そこはリスク回避とのトレードオフ・・・と
(ネットオークションは・・・ちょっとばかりリスクもありますし、ハードルもありますからね・・・)。

PA284512_R.jpg
京都市交通局が昨年あたりから久々に導入を再開した三菱エアロスターでございます。
“コレクション”よろしく、気がつけば1/150スケールのバスが20台近くゴロゴロしているのですから、無駄に浪費しているというべきか趣味は因果なものというべきか・・・(全部並べて撮ってみたら、無駄に壮観になるのだろうか?)。

PA284497_R.jpg

PA284508_R.jpg
ちなみに、京都市交通局の場合、日野、いすず、三菱と、国内大手バスメーカーのどこからも調達していますが、三菱車は少数派ですね・・・(たしか、数年三菱車の導入がなくて、昨年あたりから久しぶりに復活した・・・という事情だったかと・・・。大手メーカーから広く調達・・・というのも、公営事業者ならではなのかもしれません)。

PA284501_R.jpg
このエアロスター、妙に窓が縦長・・・ということもあって、識別は極めて容易です(日野レインボーⅡといすずエルガが共通設計のため、識別が素人にはほぼ無理というのはともかくとして・・・)。

PA284509_R.jpg

PA284502_R.jpg
ナンバー32-16、平成28年度の投入車で、北大路バスターミナルに隣接する烏丸営業所を拠点として、206系統や101系統あたりで、京都駅くんだりでも時折見かける・・・ような気がします
(知らない間に乗っていることも、大いにありそう・・・)。

塗装やプリント等は、バスコレ標準クオリティーといえます。
大きさが違うので単純に比較するのも間違いかもしれませんが、某社の事業者限定鉄コレのアレなくおりちーとは大違い(?)。

PA284505_R.jpg
方向幕--そう、このLED全盛時代に“幕”を使うのが京都市くおりちー--は、この車が実際に充当されることも多い101系統を示しています。
「急行」を名乗りますが別料金が必要なわけでもなければ車内が豪華なわけでもありません。
観光客需要の小さい一部のバス停をすっ飛ばすことで観光客の利用に特化・・・という名目ですが、別に京都人が使ってもいけないことはありません。

なお、京都駅~二条城~北野天満宮~金閣寺~大徳寺・・・という、割とメジャーな観光地を結ぶだけあって、年柄年中割と混んでいる系統のように思われます。

PA284506_R.jpg
側面方向幕。
さすがに、1/150スケールでは字がつぶれますか・・・。




PA284500_R.jpg
・・・ということで、簡易的な記録ですが、 バスコレクション第22弾、京都市交通局エアロスターの記録でした。
ちょうど今くらいの時期は、紅葉だとか--いや、紅葉がなくても年がら年中混んでいるという説もありますが・・・--何とかで、市バスはだいたいの路線が大混雑です。

混雑して繁盛しているのはいいのかもしれませんが、ロクに座れないのは当然のこととして、スーツケースだの巨大なリュックだのかかえてバスに大挙して乗り込むのはどうにかならないのか・・・と思わないでもない今日この頃です
(観光地において、地元民ほど割を食う人種はいないと思うのは、気のせいでしょうかね・・・。まあ、高貴なる京都人からすれば、私のような腰掛けは“にわか”だとか“もどき”もいいところなのでしょうけれどもね・・・(失笑))。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

京都市内に点在する観光地めぐるアシで格安なのが路線バスである以上、混雑は避けられない問題かもしれません。
そのうち「大荷物お断り」の表記が四ヶ国語で停留所に掲示されるかも。

あとはノンステップ部分の座席取り払って詰め込み上等に改造。
そうすると、今度は座席少ないとクレーム来そうなもので痛し痒しでしょうね。

詰め込み上等・・・

ねるねるさん、コメントありがとうございます。
市バスへの観光客の集中、結局は、他の交通手段よりも割安--その理由の大半を占めるのは一日乗車券カード--というところに、尽きるのでしょうね。
来年から市バス一日乗車券カードは値上げ(といっても100円ですが・・・)、市バス・京都バス・地下鉄が利用できる京都観光1日乗車券は値下げ(1200円→900円)になりますが、さてどの程度の利用者が地下鉄に移ってくれることか(地下鉄とは無縁の私の場合、結局は市バス一日乗車券を使い続けることになりそうですが・・・)。

「大荷物お断り」・・・空いているときならばまだしも、混んでいるときは冗談抜きでそうしてほしい・・・というか、昨今は“民泊”なるものが急激に増殖して、(かつては観光客なんてほとんどいなかった)夜や朝のバスまで混み出してしまい、もう勘弁してくれ・・・です。先日は、あるバス停から中国人とおぼしきグループが10人ほどでしかも全員スーツケースを持って乗り込むという嫌がらせをやらかしてくれて、大変なことになっていました(私自身はそのまえに座席にありついていたので辛うじて難を逃れましたが・・・)。

ノンステップ部分の座席を取り払って詰め込み上等・・・鉄道ではかつての山手線6扉車のような例もありましたが、「座席なしバス」・・・そういえば聞きませんね。
どうせ座れないのならば、座席があってもなくても一緒なのかもしれません
(それ以前の問題として、ツーステ車の方が快適で収容力もあったのに、なぜ一律に猫も杓子も低床化するのか、激しく苦言を呈したい・・・)。

No title

路線バスへ大きなスーツケースを持っての乗車は確かに・・・ですね。あれ約款では無料持ち込み品は10KG、0.3メートル立方までのはずですから持ち込めないのではと思います。それ以前にあの方たちは観光地をあれを引きずりながら回っているのでしょうか?自分は無理ですよ

存在さえ忘れ去られている約款

急行いよさん、コメントありがとうございます。
私自身もすっかり存在を忘れていましたが、あらゆる運送事業者は約款を備えていましたね。
コメントのとおり、京都市交通局の場合、無料で持ち込めるのは10kg、0.3立方メートルまででした。・・・とはいえ、「あなたは約款に反しているので、運送を引き受けることができません」などと現場の運転手が注意しているのを聞いた試しもなく--航空機のように、重量と容積が厳密に管理されるわけでもないので--、実際は黙認状態なのでしょうね。

また、荷物の預かりが充実している観光地でもない限り--充実しているところでも、コインロッカーはよほどの大型でないとトランクケースなど入らず、預り所のキャパシティにも限界があるので--、ゴロゴロとトランクケースを転がしながら観光地をウロウロしているさま、(絶対数が多いだけで、割合としてはそれほどでもないのかもしれませんが)京都くんだりでは割と見かけるような気がします(「ようやるわ」というのはともかく・・・)。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ