四国鉄道文化館探訪記(その③)

「その②」のつづきです・・・

DSC_7576_R.jpg
さて、時に17時過ぎ。
「四国鉄道文化館」の開館は18時までにつき、そろそろ南館を出まして、

DSC_7579_R.jpg
跨線橋をで伊予西条駅の構内をひとまたぎして・・・

DSC_7588_R.jpg
「北館」にやってきました。
ちなみに、平成26(2014)年に開館したばかりの南館と異なり、北館は当初(平成19(2007)年の開館当時)から存在します。
なお、土足で立ち入ることになる南館と異なり、北館はいったん靴を脱いで、備え付けのスリッパに履き替えるというスタイルです。

また、入館券は共通ですので、どちらか一方の建物で購入すれば、他方の建物にも入ることができます。




DSC_7594_R.jpg
さて、「北館」のヌシといえば、ご存じDF50形ディーゼル機関車のトップナンバー車。
国鉄時代らしく全国各地を転配されたものの、新製配置と最終配置はいずれも四国であり、国鉄・四国を代表するディーゼル機関車といえるでしょう。

ごらんのとおり静態保存状態ですが、今もなお、JR四国に車籍を有しており、某鉄道誌が毎年公開する「車両データバンク」でも、毎年堂々と掲載されています。

DSC_7620_R.jpg
運転室は公開されており、自由に立ち入ることができます。
自由に立ち入ることができるのはいいのですが、それゆえにところどころ(元気なお子様にやられたのか、不届きなヲタのせいなのか)、破損しているのが、なんともかんとも・・・

それはともかくとして、堂々とした箱型車体、高い位置の運転席・・・ということで、椅子に腰掛ければ、気分だけは機関士です。
動きませんけどね・・・orz。

DSC_7647_R.jpg
側面には通路がありまして、フィルタ類が外されて、車内の機器を眺めることができる状態です。
この内部公開、以前訪問したときは“期間限定”を謳っていたはずですが、“限定”の縛り、なくなったのでしょうか・・・。

DF50形の他の保存機としては、「津山まなびの鉄道館」の18号機(もと・交通科学博物館)や4号機(大阪・菅原天満宮)もいますが、中を眺めることができるのはここだけですね

DSC_7645_R_20171103165244e9e.jpg
最も大きいのがディーゼルエンジンなのは当然としても、

DSC_7640_R.jpg
発電機や蒸気発生装置が結構な割合を占めているのが、国鉄世代の電気式ディーゼル機関車らしいところ・・・と、いえるのかもしれません。

DSC_7657_R.jpg
逆サイドにやってきました。

DSC_7660_R.jpg
堂々たる箱形の車体。
これぞ“機関車”といわんばかりの、圧倒的な存在感です。

総出力600kw(エンジン出力1060馬力;0番台車の数字)と、現代の水準からすれば著しく“非力”であることはともかくとして・・・
(ちなみに、C57形蒸気機関車と同程度の性能を目指したとか・・・)。




DSC_7748_R.jpg
「北館」のもう一両の実車展示は、ご存じ0系新幹線・・・の、“カットモデル”です。
なにせ、車体長が25m級と長い新幹線車両の場合、おいそれと屋内保存もできないという事情により、収蔵される前にカットモデル化された・・・のではなく、(ここ、四国鉄道文化館に収蔵される前に)JR四国多度津工場に保存された段階で、カットモデル化されていたとか。

DSC_7707_R_201711031653197a0.jpg
“カットモデル”とはいうものの、特徴ある“団子鼻”はそのままです。

DSC_7718_R.jpg
また、土足禁止の館内であることを活かして(?)、足回りや排障器--鉄板五枚重ね!--を、じっくりと眺めることもできます
(もちろん、入館者が少ないときに限られます。このときは閉館直前のため、ガラガラ・・・)。

P8109166_R.jpg
それでは、カットされた客室部分から、車内に入ることにします。
0系の先頭車21形の141号車。
大窓のグループとしては最終期の車両であり、21世紀の直前まで「山陽“こだま”」で活躍していました(廃車は平成12(2000)年)。

P8109170_R.jpg
室内は、廃車時のリクライニングシートがそのままに残されています。
なお、このタイプの座席、“簡易リクライニングシート”と紹介されることもありますが、多段階のストッパーがあって--リクライニング角度がアレなことはともかくとして--任意の位置で背もたれを固定することができますので、正真正銘の“リクライニングシート”です
(オリジナルの14系客車や183系電車のような、バッタンコシートとは違う・・・ということで)。

P8109181_R.jpg
客室前部のモニターでは、「四国鉄道文化館・北館」開館時のドキュメンタリー映像がエンドレスで流されています。
コレ、結構見応えがありまして、しばしリクライニングシートに身を委ねて、無駄に眺めておりました。

P8109196_R.jpg
こちらは背面テーブル。
現在の新幹線普通車の背面テーブルからすると貧相極まりない・・・となるのでしょうが、かつては“背面にテーブルがあるだけでスバラシイ”という時代もあったものです。

P8109187_R.jpg
なお、荷棚にはラジカセが設置されており、エンドレスで走行音が流れていました。
目を閉じて座席に身を委ねれば、気分は新幹線の車内・・・と
(家庭用エアコンは・・・カットモデルである分、キハ65形よりはまともに効いていました。なお、館内全体をフォローする空調が存在しないという点では、北館も南館も同様です)。

P8109177_R.jpg
客室が公開されている割には、座席周りは良好な状態を保っています。




P8109202_R.jpg
さて、こちらの0系先頭車、運転室にも自由に立ち入ることができます。
多客期や昼間であればお子様の楽園と化しているのですが、閉館直前ということで、貸し切らせていただきました・・・。

P8109233_R.jpg
運転席に腰掛け、マスコンとブレーキを握れば、気分だけは“しんかんせんのうんてんし”です・・・。
中年の今となっては、見果てぬ夢もいいところですけどね・・・。

P8109213_R.jpg
見える景色は“全くの別物”になりましたが、

DSC_7696_R_201711031653150c8.jpg
“視点の高さ”は、さすがですね。

DSC_7698_R.jpg
この“ステップ”を登るのですから、視点が高いのも当然といえば当然なのかも、しれませんが・・・
(この“高速運転する車両には髙運転台を”というのも、国鉄の伝統ですね。151系電車もそうですが・・・)。

P8109227_R.jpg
広々としたパネルは、さすが“フル規格新幹線”ですね・・・。

P8109239_R.jpg
行先表示器の制御装置。
「こだま」主体となっているところに、最晩年の姿を見る思いです。

P8109232_R.jpg
それにしても、この運転席に、何人の運転士が腰掛けたのでしょうか・・・
(ここ「四国鉄道文化館」に鎮座してから入館者が座った数の方が多いような気も、しないでもありませんが・・・)。




DSC_7680_R.jpg
訪問時には、四国名物「アンパンマン列車」に焦点を当てた模型展示も実施されていました。

DSC_7595_R.jpg
予讃線名物、8000系アンパンマン列車
(手前でボケて写っているのはNゲージスケール、奥は・・・Oゲージでしょうか(きちんと控えていなかった・・・orz))。

DSC_7669_R.jpg
こちらは、先頃黄色ベースに塗装(ラッピング)変更が行われた「ゆうゆうアンパンマンカー」。

DSC_7670_R.jpg
Oゲージ(実車の1/45スケール)ともなると、内装もここまで細かく再現できるようで・・・。

P8109156_R.jpg
北館にもジオラマはありますが、南館ほどの本格的なものではありません
(もっとも、こちらのNゲージスケールのジオラマも、十分に作り込まれたものではあるのですが)。

P8109163_R.jpg
ジオラマといえば、四国つながりか、“下灘駅”や、

P8109161_R.jpg
伊予鉄道名物、“大手町駅の平面交差”も再現されていました
(鉄コレやバスコレ・・・こういうふうにジオラマに落とし込むのも、いいものですね・・・。細かく突っ込めば、大手町駅の平面交差は、ガチの“直角交差”なのはともかくとして・・・地図で見ると、このジオラマどおり、“斜め交差”でした・・・orz)。

DSC_7676_R.jpg
そんな一角には、四国の駅弁の展示。
ときは18時前、腹減ってきたぞ・・・(苦笑)。




DSC_7722_R.jpg
北館の隅(南西側)には、サボ、ヘッドマーク、鉄道部品等がまとめて展示されている一角があります。
数や規模はともかくとして、“四国関連に特化して集めている”という点では、全国的にもトップ・・・というか、ここしかないですね
(ただし、特急ヘッドマークについては、原形のプラ板(?)ではなく、レプリカ・・・)。

DSC_7725_R.jpg
そんななか、一番の“変わり種”は、2000系量産車が登場してから数ヶ月だけ使われた、旧ヘッドマーク(昭和63年4月改正から平成2年11月改正までのわずか2年半だけ使用された柄)の“幕”

2000系量産車は平成2年11月改正でデビューではないか・・・というツッコミごもっともですが、早期に落成した量産車は、平成2年の夏頃から、キハ185系のダイヤに入って、主に土讃線、稀に予讃線を走りまわっていたものです
(この代走運用、平成2年の夏休みに、当時存在した「四国島内フリーパス」にて、実際に遭遇しています)。

そんな数ヶ月の代走のためだけに専用のヘッドマーク幕を作ったわけで、当時のJR四国は景気がよかったのですね・・・(遠い目)




その、ヘッドマークと鉄道部品の展示スペースの上には、お立ち台(?)から、北館の館内を見下ろせるスペースがあります。
無駄に階段を登りまして・・・

DSC_7736_R.jpg
2両(1.5両(?))の展示車両を俯瞰すれば、ミッションコンプリート・・・と。
そろそろ18時の閉館時間のようですので、名残惜しいところですが、退館します・・・。

「北館」の展示車両は、DF50形と0系新幹線21形の2両(1.5両(?))のみです。
「南館」を含めても実車車両の展示は6両(屋外展示のフリーゲージトレインを含む)と、“小ぶり”な鉄道系博物館であり、日本三大鉄道博物館あたりと比べるのは、そもそも間違いです。

もっとも、“小ぶり”であるがゆえに、展示車両との“距離感が近い”ことは、間違いなくいえるでしょう。
それがいいんですけどね・・・。

DSC_7761_R.jpg
扉が閉ざされて閉館した北館の建物を後にしつつ、

DSC_7772_R_20171103165444013.jpg
目の前の伊予西条駅に戻りました。
そういえば、かつては駅舎の壁に大きな時計があったはずなのですが、いつの間にか撤去されていましたね・・・
(壊れて修理する費用も・・・なのか?)。

「その④」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大手町の平面交差は90°ではなく若干角度がついていたのですね。yahooのMAPで今確認しました。何度か見に行ったことがあったのですが・・・(汗)

90度直角ではなかった・・・

急行いよさん、コメントありがとうございます。
実際に現地に行くと直角交差にしか見えないのですが、地図サイトで見ると、確かに鉄道線(高浜線)は斜めに交わっています。
・・・ということをは、四国鉄道文化館のジオラマをつくった人は、忠実につくっていることになるわけでして、今更の新発見に愕然としている今日この頃です・・・(苦笑)
(ヘボブログ本文の記述も、改めることにします・・・)。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ