高学歴ワーキングプアと自己責任

ネット上をフラフラしていたら、こんなのを見つけました・・・。

高学歴ワーキングプア


どうでもいいことですが、キモメンにして・・・(中略)・・・プアな私の正体は、
三流大学院の文学研究科博士後期課程卒です。

ですから、

博士(文学・○○大学)

と、名乗っても、学歴詐称にはなりません。


・・・が、
博士号に何か意味があるのかといわれると・・・

なんにもない・・・orz

と、言わざるを得ません。

だからこその、「プア」ですからね・・・。

**********

さて、リンク先の記事は、高学歴ワーキングプアを批判する典型的な議論で、
出てから詰むのをわかっていて(わかっていてもその事実に目を閉ざして)
選んだんだから、

自己責任!!!

というものです。
自己責任なんだから、国に何とかしてくれと泣き言を言うのは間違い・・・
ま、それもそうですね。


ちなみに、私自身は昨年=年齢制限の最後に地元の市役所を受けていますので
一応脱出しようと画策はしたことになっているのですが、
予定通り最終面接=個別面接で振り落とされました

思えば、プアから脱出できる最後の機会を逃したことになります・・・。


ですから、悪あがきはしたわけですが、
所詮世間知らずで、社会に出ることから逃げ続けたなれの果てですから、
リンク先の至極ごもっともなご意見にとやかく申し上げるつもりはありません。

消費税以外の税金を払っている記憶もありませんしね
(プアすぎて所得税も地方税もかかりません!)。



ひとつ、お国に申し上げたいことがあるとすれば、
確かにお国が博士課程を乱造して、院生をホイホイ増やしたのは事実ですが、
使えない人間を増やしたのであれば、

使えない人間の処分


・・・だけは、何とかしてくれないかな・・・ということです。

最近、ナチス・ドイツの安楽死(現在の定義では、これはただの大量虐殺であって安楽死ではないのですが)
だとか、死ぬ権利だとか、そんな文献ばっかり読んでいる、
病みまくった状況なのですが、
かなり本気で、

苦痛なく処分されることは(私のような人間にとっては)人道的なのかもしれない

と、思ってしまいます。

ああ、苦痛なく処分されたい・・・
(苦痛ある処分だったら、いつでもできるのですが・・・)

**********

何せ、もうこれ以上生きていたって、

一生フリーター


・・・この年なら(30半ば)、

フリーターで居続けられるかどうかも怪しいもの

です。
何せ、若者と勝負しても勝てないのですから。

さりとて、正社員様なんて

職歴のない人間は氏ね

ですしね。

もちろん、一生独り身だということは、わざわざ書くまでもありません。



・・・・・・
・・・
えっ、大学教授?


・・・大学が減っているのになれっこないだろ・・・orz
(ただし、学閥の恩恵にあずかることのできる一流大学院の出身者は別)

・・・ホント、何で生きているんでしょう・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ