架線トラブルに轟沈す・・・

昨日の朝に、用務で神戸市内某所に出かけていました。
朝ラッシュでごった返す京都駅に着いてみると、駅のモニターに・・・

遅れ等が発生しています
(東海道本線から山陽本線にかけて延々と伸びる黄色い線・・・(苦笑))



また人身事故か車内点検か線路確認か・・・と思って、理由の欄を眺めていると、




前夜(7月26日夜)に発生した架線トラブル



・・・ということで、前夜のトラブルをまだ引きずっているとは・・・という思いが半分、



前夜のことならば、大した問題でもなかろう・・・という思い込みが半分




さて、新快速を中心にだいぶ乱れが出ていたようですが、京都駅始発の「スーパーはくと」号で優雅に抜けるつもりでしたので、新快速が乱れていても何とかなるだろ・・・と、思っていたこともありました

特急列車については、何のアナウンスもなければ、遅れが発生するとの掲示もありませんでしたので・・・



思えば、確認くらいとらなかったのが、その後のトラブルの原因となるのですが・・・。




さて、朝ラッシュ時(8時台)ということもあって新快速の乗客は昼間以上に多いです。
そのような事情もあって、緩行(各駅停車;4番線)、普通~快速列車(5番線)と、京都駅では乗車ホームが分離され、別ホームとなる6番線から新快速は発車するわけですが、



新快速は1本も来ない

(15分ほどの間に、隣の5番線から、立て続けに普通~快速列車は3本発車しているのに・・・。思えば、最初に出た普通~快速列車が「大阪駅には先に到着する見込みです」というアナウンスを真に受けておくべきでした・・・orz)。

当然のことながら、6番線/7番線のホーム上は通勤通学客でごった返すことになります。
そしてやってこない特急列車・・・orz
(「スーパーはくと3号」の前に「くろしお3号」と「はるか13号」と「サンダーバード4号」が発車するはずなのですが、所定の時刻になっても何もやってこない・・・。トラブル区間を突っ切る「はるか」号はともかく、「くろしお」号は京都始発で、向日町から回送してくるだけなのに・・・)。




ときに8時50分。
本来ならば「スーパーはくと3号」の発車時間ですが、何のアナウンスも状況説明もなし。
新快速が“8両”という嫌がらせで、大津駅を発車したというアナウンスが流れてきましたが、この状況では難民列車であることは確定、下手をしなくとも「乗ることさえできないに違いない」状態です。


結局、これも遅れてやってきた「サンダーバード4号」に乗り込んで、大阪駅までいって、その先のことを考えることにしました。
なお、手元には「スーパーはくと」号の利用を想定して、京都→三ノ宮間の自由席特急券がありましたが、結局いつやってくるかわからないため、途中打ち切りになることを承知のうえで、サンダーバード号の自由席に乗車するために使いました。

普段、京都→大阪間でサンダーバード号の自由席が立席状態になることはないと思われますが(京都駅で大挙して下りるため)、このときは容赦なく立ち客がデッキにあふれる状態。
もちろん、新快速がいつまで経ってもやってこないから・・・ではありますが、特急料金はもちろん“自腹”となるわけで、車掌氏が総出で車内検札に励んでいたわけですが、



この“臨時収入”は、どうなのだろう・・・

と、思わないでもなかったです。




なお、京阪間の上り線では、普段は朝9時に見かけることのないような車両群--当日は新大阪打ち切りになったらしいサンライズ編成や、福山レールエクスプレス等々--を見かけ、(それをネット上で嗅ぎつけてかなんなのか(?))沿線に大挙して鉄ヲタが出動していましたが、オマエら仕事しろやというべきか、人の不幸につけ込んで楽しいのかよ・・・と、思うことしきりでした・・・
(いや、時として“出動する側”に私も回ることは否定しませんが、迷惑と不満の怨嗟が渦巻く状況で、「珍しいもの撮れたでワッホイ」と言わんばかりに、よくカメラ向けていられるよな・・・的な意味で)。

なお、サンダーバード号自体は25分ほどの遅れで大阪駅にどうにか到着したものの、大阪駅から先の新快速はやってこない--そら、新快速も来なければスーパーはくと号も来ないからサンダーバード号に乗ったのですから--、ということで、階段を上下して、隣のホームに停車していた快速にどうにかこうにか乗車したのですが、先行の緩行線(各停)列車に頭を抑えられるもどかしい走りで、三ノ宮に着いたときには用務に間に合わせるためには“微妙”な時刻。

一応、30分程度の遅れが出ても対応できるような時間帯には出るようにしているのですが、昨日についてはその想定を超えるレベルでした・・・orz。

結局、目的地最寄りの駅から“タクシー(お車)”を使って--もちろん“自腹”。JRはそんな面倒見てくれませんし、行先もそこまで交通費の面倒を見てくれません(行先の責任でないことも確かですから・・・)--辛うじて“帳尻”はあわせたのですが、費用は余計にかかるわ、無駄にストレスは溜まるわで、エラい目にあいました
(そして、授業のネタにして失笑を買うというところまでが“ワンセット”(苦笑))。




とはいえ、京阪神間の特急列車で言えば、「はまかぜ1号」は10分ほどの遅れで運転されていました(三ノ宮駅で見かけました)。
そうであれば、「スーパーはくと3号」を定時や、同じ程度の遅れで運転することもできたはずなのに、それをしないJRは何を考えているのやら・・・
(結局、三ノ宮では「はまかぜ1号」が「スーパーはくと3号」に先発するという、わけのわからないことになっていました。また、「スーパーはくと3号」は、結局、40分ほどの遅れをともなって西に向かったようです・・・)。

架線トラブルを引き起こす--後で調べてみたら、火花を散らして切れた架線に新快速が突っ込んでいったとか・・・--というのもどうかと思いますが、その後の対応もあまり誉められたものではなさそう・・・


そういうときに限って、阪急を使わずにJRを使おうとした私の巡り合わせの悪さも、それはそれで“残念”なところなのでしょうが、もうちょっと細かく、運行状況について丁寧に説明するべきではないか・・・とは、思うことしきりでした
(快速のダイヤはガタガタ、新快速は来ない、特急も来ないと、もっと早い段階でわかっていたら、京都駅のその場で新幹線に切り替えるという手もあったのに・・・いや、それも“自腹”なので、おサイフには厳しいですけどね・・・orz)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは❗自分も過去に京都駅で架線トラブルでは無いですが地震で同じ状況に有ったことが有りました
自分の場合
大阪までの電車は粉砕w緩行線も新快速も一本も来ない
昼特きっぷを神戸まで持ってた俺は悩んで奈良線の木津経由で学研都市線(片町線)で京橋まで出て大阪へ向かおうと駅員に相談したら昼特切符では乗れませんの一点張り(この時は京都線のみとまってましたw)しかも地震の影響で復帰したての阪急や京阪の振替も行っておらずでw正に足止めw仕方なく昼特急切符はポイ捨てで追加自腹で阪急烏丸へと向かいましたw
九州では過去に在来線止まった時、新幹線への振替なんてのも有ったのですが、ドケチのJR西日本は緊急時の特急への乗車も特急料金を踏んだくる訳で
もっと柔軟な対応欲しい所です

それは災難でしたね

金山さん、コメントありがとうございます。
地震とは、また災難でしたね(振替輸送がなかったこともひっくるめて)。

昼特きっぷについては、旅客営業規則上は、駅員の言が正しいのでしょうが(民鉄と並行する最短経路に限定されており、いわゆる「大回り乗車」の対象にはできない。その割には、特急券と併用できるのが謎だったりもするのですが・・・)、事情が事情なら「黙認」くらいしてくれよ・・・というのが、人情かもしれません。
いや、黙ってしれっと乗っていれば、何とかなるのかもしれませんが・・・
(そういえば、昔のJスルーカードの時代に、何も考えずに大回り乗車をしたら京都駅の自動改札で(入場から時間が経ちすぎているという理由で)はねられ、説明に苦労したことがありました・・・。微妙に関係ありませんが・・・)。

京阪間の場合、新幹線と在来線で会社が違うので、新幹線への振替はまあないのでしょうし、特急への振替を認めると特急自由席の収拾がつかなくなるということもあるのでしょうが、融通は利かないと、思うことしきりです
(いつ着くのか読めない列車に飛び乗る度胸のある人間がどれだけいるのやら・・・)。

そういえば、件の架線事故、運の悪い乗客は運転打ち切りに遭遇して「帰れない」状態となったわけですが、「深夜なので一切振替輸送しないよ(もちろん、タクシーで帰るのは勝手だけど自腹だからね)」というアレな状況が報じられていて、何だかなぁ・・・。

こんにちは。タクシー自腹でってのは嫌な会社ですねー自分の地元長崎はJR要因等でバスに乗り継げない場合でタクシーを使わないと行けないときは九州持ちです。これは京阪神や首都圏と違い九州だと振替輸送が無いのでこうなります。前にも話した九州新幹線への振替輸送も実際起きたわけで福岡ー熊本で鹿児島本線が不通の時に新幹線の停車駅で有れば乗車可能と言う異例での処置でしたね
あ❗私鉄で有料特急への乗車券だけで乗車可能で有名な例が名鉄ですねー座席指定席も一般解放と言う事をおこなってます

私のような場合はしかたないとしても・・・

金山さん、コメントありがとうございます。
九州の振替輸送事情については私自身詳しくないのですが、代替手段が(都市部に比して)貧弱であるという事情は、あるのかもしれません。

このときの私の場合であれば、まがりなりにも列車は動いており(ダイヤが乱れまくっていることはともかくとして)、料金不要の列車の場合、どれだけ遅れようがJRは責任を負わないので、自己責任でどうにかするしかないのは、しかたないのかもしれません
(それにしても、影響をできるだけ小さくしようとする対処がまずいとは言えそうですが(京都始発の特急列車を40分も遅らせる等。中途半端な遅れで特急料金の返金を免れようとするのが、またさもしい・・・))。

他方で、このときの例で言うならば、架線事故が発生した前夜の滋賀県方面の乗客に対して、並行輸送機関は貧弱、バスを出す余力もなしとはいえ、途中駅で打ち切っておいて、「振替輸送は一切ないので、帰りたければ自己責任で(タクシーで帰るのは勝手ですが、自腹でね)」というのは、あんまりなのではないかとも思われます
(もっとも、影響人数が多すぎて、タクシーを手配しようにも全く追いつかないということもあるのでしょうが。一部列車は列車ホテルになったようですが、人大杉の近郊型電車で一晩・・・は、ご勘弁蒙りたいところ)。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ