“JR30周年”というけれど・・・

本日は西暦2017年4月1日

DSC_7845_R.jpg
(先日出かけてきた京都鉄道博物館(梅小路蒸気機関車庫)の一角にあるオハフ50形)

鉄道に関心のある向きからすれば、

JR発足30周年


・・・にあたる、記念すべき1日・・・のはずです。



その割には、


当のJR各社の“やる気の無さ”は何なのだろう・・・と、思わずにはいられません。

私にとって身近なJR西日本やJR四国に至っては、記念する商品の発売がないことはおろか、

HPにさえ一言も言及がない

・・・という、アレな状況。



むしろ、JTB(JTBパブリッシング)が出版した

30年前の時刻表の復刻版


・・・の方が、話題になっているような体たらくです。

どうでもいいのですが、この“復刻版時刻表”・・・大人気のようで、発売から2週間ほど経った現状の段階で、ネット書店では軒並み品切れ状態になっていました・・・
(優雅に様子を見ていたらこれだよ・・・orz)。




振り返って見ると、10年前の“JR発足20周年”の際には、JRグループが一致協力して、「青春18きっぷ」の春期用を、発売開始当初の価格(8,000円)で発売したことが話題になりましたが、

10年経つとエラく状況が変わる

・・・というか、何というか。

JR東日本やJR東海はまがりなりにも30周年記念企画(企画きっぷの発売とか何とか)を実施するようですが、

グループが一致協力した企画が出てこないこと
JR各社間の考え方がかくも変わっていること

(“温度差”というべきか、“状況の格差”というべきか(特に、とり残されつつある北海道と四国))

・・・というところに、国鉄が分割民営化してから“30年”という年月の重さを、感じずにはいられないのかもしれません・・・
(そういえば、最近某鉄道誌が特集していましたが、「JRの会社間を跨ぐ相互乗り入れ」も、一頃に比べるとずいぶん少なくなりました・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ