鉄コレキハ54「おさんぽなんよ」仕様車

購入から少し時間が経っていたりもするのですが、先月末に・・・

DSC02909_R_20170209201959639.jpg
こんなの買ってきてました・・・ので、無駄に開封記です。

我が地元・えひめの誇る(?)“ゆるキャラ”

みきゃん&にゃんよ・・・夢の共演(?)

・・・はともかくとして、個人的には、(お高い)マイク※エー※くらいしか模型化してくれないJR四国車両が、(ディスプレイモデルとはいえ、手の届く価格で)模型化されたことを絶賛したい・・・
(当然のことながら、同時発売の鉄コレ・キハ54形0番台一般車も購入していますが、記録は追い追い・・・)


DSC02910_R_20170209201959482.jpg
何気に、愛媛県と南予地方9市町の“公認アイテム”だそうで・・・。

DSC02914_R_20170209202003d27.jpg
パッケージにも、みきゃん大先生とにゃんよ先生に、

DSC02912_R_201702092020022bc.jpg
南予地方の各市町の公式ゆるキャラが描かれています。




DSC02926_R_201702092020146ce.jpg
では、ご開帳。
特徴的なラッピングは、印刷で再現されています。

鉄コレらしく、それなりに安定したクオリティーです。

DSC02928_R_201702092020145ad.jpg
側面中央は、みきゃん大先生とにゃんよ先生の共演。
JR四国といえば、日本に冠たる“アンパンマン列車”が有名ですが、こちらもなかなか・・・。

DSC02931_R_201702092020135c1.jpg

DSC02935_R_20170209202017df9.jpg
前面には、みきゃん大先生とにゃんよ先生がデカデカと描かれています。


なお、非常に存在感のある“ラッピング車両”ですが、車内も床面にラッピングが施され、シートモケットが交換されているとか(他のキハ54形と共通運用の「おさんぽなんよ」号は、狙って乗車することができないため、まだ乗車したためしがない・・・orz)。

松山運転所の車両ですから、基本的には予讃線の松山以南で運用されていることは間違いないのですが、なにせ、ラッシュ時からデータイムまで、キハ54とキハ32の天国である松山以南のこと、出会えたら儲けもの(?)。

・・・ということで、そのうち乗車してみようとは思うのですが、さていつになることやら・・・。




DSC02940_R_2017020920201897f.jpg
(余談①)
手元の、同じく鉄コレの伊予鉄700系と並べてみました。
こうして並べると、18m車(伊予鉄700系)と21m車(キハ54)の違いって、大きいんですね・・・。

DSC03333_R_20170225233107f2d.jpg
(余談②)
先日地元松山に戻った際に見かけた伊予鉄バス。
バスまでコレかよ・・・(苦笑)

DSC03336_R.jpg
(余談③)
これも先日地元に戻った際に見かけた、「道路工事の際に置かれるアレ(「単管バリケード」というらしい・・・)」。
何とまあ、こんなところにまで“みきゃん大先生”が・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ