博多駅トンボ返り

「博多南線」のつづきです・・・

DSC02475_R.jpg
博多南線の往復を終えて、博多駅に戻ってきました。
九州新幹線専用の800系が停車中でしたが、当然のことながら“元日・JR西日本乗り放題きっぷ”で乗車できる車両ではありませんので、見てただけ・・・と
(今思えば、自腹であっても短区間くらい乗ってみてもよかったかも・・・)。

さて、博多駅に戻ってきたのはいいのですが、まだ帰りの列車のグリーン指定券を確保していません
(いくつか“候補”は決めておいたのですが、当日の状況を見てから決めようと思っていたもので・・・)。

・・・ということで、一旦改札の外に出まして、JR西日本の「みどりの窓口」に出かけることにします。

元日からそこそこ“列”ができているのが、さすがに九州の一大ターミナルというべきか・・・。

DSC02477_R_20170109142704c55.jpg
17時17分17秒
(↑もちろん狙って撮った(笑))

・・・というのはともかくとして、博多駅・JR西日本みどりの窓口の時計、

“秒単位”で表示しているのが、珍しいというべきか・・・
(時計があることはわかりますが、普通は時間と分までですよね・・・。まあ、秒単位で表示してくれるので、こういう“無駄に決定的な瞬間”をおさえることもできるのですが・・・)。

DSC02478_R.jpg
上下新幹線の空き状況。
当然というかなんというか・・・

上りの「さくら」号:大盛況
ほか:ガラガラ


・・・というところに、

“乗り放題きっぷ”ユーザーが「さくら」「みずほ」号(の、山陽新幹線区間)に殺到している現実
16連「のぞみ」号の圧倒的な輸送力

(16連であれば、少々殺到しても捌いたるで・・・???)

・・・を、目の当たりにする思いです
(なお、博多からの下り「さくら」「みずほ」号の普通車指定席/グリーン車がガラガラなのは、JR九州には普通車指定席/グリーン車に対応した元日用乗り放題きっぷが存在しないため(自由席用はあるらしいですが・・・))。


・・・ということで、やっぱり「さくら」「みずほ」号のグリーン車は見果てぬ夢か・・・という現実を目の当たりにしつつ、「のぞみ58号」(博多17:48発)の、グリーン車指定席をおさえました(これで、“乗り放題きっぷ”のグリーン車乗車権の“3回目”を行使)




DSC02480_R_2017010914291579f.jpg
さて、帰りのグリーン指定券も確保したことですし、駅付近だけでもウロウロしてみることにしました・・・。
まあ、せっかく九州の地に降りたって、新幹線ホームから一歩も外に出なかった・・・というのも、アレだし・・・(苦笑)

DSC02481_R.jpg
こちら新幹線側・・・というか、“筑紫口”。
駅ビルのスケールが大きいのが、政令指定都市の所以か・・・(小並感)。

DSC_4891_R.jpg
せっかくですので、元日から人混みでごった返している自由通路を抜けて、反対側(博多口)にもやってきてみました。
とりあえず、時計がオサレです(笑)。

DSC_4890_R.jpg
全国的にも名を知られた“博多バスターミナル”も、こちら側に位置します。

DSC_4877_R.jpg

DSC_4880_R.jpg
博多口の方では、イルミネーションが用意されていました。
夕闇迫る時間帯、イルミネーションの“幕開け”としてはちょうどいい時間帯だからか、カップルとか家族連れとかで賑わっているという、まあ当然の現実。

DSC_4897_R.jpg
そんな中で、ボッティ非コミュの腐れ中年が一匹デジイチでスナップしているという、これも現実(笑)

DSC_4901_R.jpg
水面に映える光とか

DSC_4913_R.jpg
玉ボケさせてみるとか・・・
(無駄にボカしすぎた・・・orz)。

・・・って、博多まで来て私は何をやっているのだろう?




・・・と、今後の行程を考えると、あんまりゆっくりしているわけにもいきません・・・(苦笑)

DSC_4914_R.jpg
“福岡市のごあんない”を横目に眺めつつ、新幹線ホームに逆戻りです。

「のぞみ58号(その①)」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ