旅先でやらかしおった(失笑)

毎年、山陰地方某所に、定期的に出かける機会があります。
普段は用事が終わったら“直帰”(いや、開講期間中であれば普通に翌日にダイガクの授業があったりしますし・・・)なのですが、最終回(だいたい9月)に限っては、京都くんだりに直帰せずに、山陰地方を周遊するのを常にしています。

せっかく遠くまで出かけてきたのであれば、フラフラ足を延ばさな損損(苦笑)


・・・ということで、今年はまた大きく足を延ばして、

出雲大社に参拝しよう

・・・と思い立ちましたが、何せ山陰本線(特に豊岡・城崎温泉~鳥取間)は、普通列車(一駅二駅通過するだけの“快速”を含む)ばかりで、キハ40系が主力で遅ければ、本数も多くないと来ておりまして、割とネックです。

・・・ということで、途中の米子駅で途中下車して、本日は米子駅周辺の某ビジネスホテルで一泊です
(出雲市駅まで、無理をすれば今日中にたどり着けなくもないですが、日付が変わる前にならないと着かない・・・orz)。

「バースデイきっぷの旅」でも思いましたが、最近のビジネスホテルは格安でも無線LANを完備しているところが多くて、こうしてヘボブログの更新も出先でできるのですからありがたいものです・・・(“誰得”なのかはともかくとして・・・)。




さて、ここまで前置き。

例によって楽※トラベルで安い順に並べ替えて、安さと立地とサービスのバランスがよさそうなところを選択したわけですが、そういう所に泊まると、だいたい“年季が入っております”。

まあ、年季が入っているからこそお安いわけで、カプセルホテルだのネカフェだのに行くことを思えば、個室でベッドがあって(ユニットバスでも)自室で入浴というかシャワーを浴びることができるだけで、ゼイタク言うな・・・なんですけどね
(だいたい、普段は自室にイマドキ風呂のないワンダーランドに住んでいる腐れ中年にしてみれば、それでもゼイタク極まりないわ)。


そうして、チェックインして(私の前に、見た目はまともそうな“出張ビジネスマン”がチェックインしていましたが、君らはもうちょっといいところに泊まった方が・・・という気もしましたが、出張費ケチられてるのか?勝手に浮かせているのか?)、一晩お世話になる自室に入って、荷物を降ろして・・・

残量がレッドゾーンに入っているサブデジカメ(RX100無印)を充電・・・って






マイクロUSBケーブルと、ACアダプター持ってくるの忘れた!!
(アホか、俺・・・orz)




ちなみに、互換バッテリーを一個買っていて、それは持ち歩いていますので、入れ替えてみたら・・・



放電していて電源が入らない・・・orz
(それが、“互換バッテリー”くおりちー)

・・・ということで、しかたがないのでフロントの方に最寄りのコンビニの場所を聞いて(密かに夜食調達的な意味でも頼りにしていたが米子駅近くのイ※ンだったのですが、着いたとき(22時過ぎ)にはもう閉まっているという、この現実・・・orz(松山のイ※ンでも23時までやっているというのに・・・))。

いざ、コンビニに出発・・・しようとしたら、フロントの方が追いかけてこられました。

何事かと思いきや、




ケータイ/スマホ用の充電器とケーブルでしたら、無料で貸し出ししていますよ

・・・という、




ありがたいお言葉
(地獄で天上から垂らされた蜘蛛の糸ですよ・・・)


・・・ということで、マイクロUSBケーブルとACアダプターをお借りして、自室に戻りまして、さてRX100に接続・・・





相性で認識しない・・・orz
(まあ、スマホ用のケーブルを転用している段階で・・・)


・・・ということで、すごすごとフロントに戻りまして、別のケーブルと充電器をお借りしたら、



充電が始まった・・・(やれやれ)




・・・ということで、明日に肝心の出雲大社と、その往復の道中で“サブデジカメがない”というアレな事態は、避けることができそうです。

本当に、ケーブルとACアダプターを貸し出してくれるホテルで助かったというのがひとつ

スマホ用のケーブルとACアダプターを使い回せるRX100の地味な強みが発揮されたというのがひとつ

・・・です
(これが、専用の充電器でないとどうにもならなかった日には、お手上げ・・・。あとは、併用しているデジイチのバッテリーの持ちのよさを、改めて実感・・・(デジイチの方が撮ってる枚数多いのに・・・。なお、デジイチ用の充電器はさすがに持ち歩いている模様・・・))。


さて、懸案も片付いたことですから、ユニットバスとはいえシャワー浴びて、さっさと寝よう・・・
(明日は“神話の国”が待っています)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ