いしづち30号(8600系普通車)

「しおかぜ30号(8600系グリーン車)」のつづきです・・・

DSC_3489_R_20160809135942849.jpg
(画像は別乗車時のもの・・・)
さて、松山駅から2時間ばかり。
「しおかぜ30号・いしづち30号」は、分割駅となる宇多津駅に着きました。
定刻通り・・・と行きたいところですが、行き違い待ちだの何だので、5分ほど遅れています。

遅れているということは、“分割作業が終わるとさっさと発車する”ということ。
よって・・・

DSC07571_R.jpg
丸亀駅を出発した段階で、荷物抱えて車内大移動。
1号車の端っこから6号車まで移動するのも、一苦労です・・・。

DSC07521_R.jpg
宇多津駅からは、高松駅へと向かう「いしづち30号」の編成に居座ります。

DSC07585_R_20160808122156f5d.jpg
なお、“バースデイきっぷ”の権利として、指定席券の発券を受けることもできたところですが、

乗車時間19分(宇多津→高松)だから、まあいいわ
(帰宅ラッシュの逆方向だから、たぶん座れるだろうし・・・)

・・・ということで、6号車の自由席に居座りました。
なお、らくらく座れたことを付言しておきます
(まあ、夜の高松口の上り列車だし・・・(下り列車だったら、あぶない?))。

DSC07556_R.jpg
(この画像は、たまたま無人だった8700形(1号車グリーン・普通合造車)の普通室のものです・・・)
・・・ということで、8600系の普通車です。
量産先行車に2年前に乗車して以来ですから、2年ぶりですね。

DSC07530_R.jpg
無駄に見下ろしてみた。

DSC07526_R_201608081221183b8.jpg
逆に見上げてみた。
こんなアホなことをやっても平気なくらい、乗客は少なかった・・・というか、夜の上り列車ですからね・・・。

DSC07581_R.jpg
通常時。

DSC07580_R.jpg
リクライニングさせると、座面が前に出てきます。

ただし、この座面のスライドは

“リクライニングに対応した強制的なもの”です
(5000系指定席・グリーン車のように、“座面スライドレバー”を備えているわけではありません)。

DSC07522_R.jpg
普通車でも全席にコンセントを装備しているのは、“現代の特急車両”らしいところですね。

DSC07518_R.jpg
床は木目基調です。

DSC07547_R.jpg
ちなみに、車両によってはオレンジ系統のモケットを装備しています
(「しおかぜ・いしづち」号では2,4,6号車が該当します。もちろん、座席の基本的な造りには違いがありません・・・)。

DSC07553_R.jpg
デッキにあった「阪神往復フリーきっぷ」の宣伝。
8600系に入れ替わっていますが、8600系列車は、「しおかぜ」号では15往復中の4往復しか存在しない“少数派”です
(しかも、多客期には1往復のみに激減・・・)
(補足:紛らわしい書き方で申し訳ありません。平成28年の夏(お盆期間)であれば、8600系の“しおかぜ”号は壊滅。そうかと思うと、7月や9月の連休期間は2往復のみ8600系が“しおかぜ”号を担当・・・と、時期によってコロコロ変わるのですね・・・。多客期に8600系“しおかぜ”号への乗車を検討する場合、JR四国ホームページの確認が必須の模様・・・(まぎらわしい・・・)
なお、早朝深夜に走る「いしづち103・106号」については、年間を通して8600系が担当します(モノクラス編成ですが・・・))。

DSC07582_R.jpg
半室指定席表示用電光掲示板。

DSC07577_R.jpg
仕切扉上の電光掲示板。
“フルカラー”になると、だいぶ印象が変わりますね・・・。

DSC07591_R.jpg
・・・と、車内をウロウロしているうちに、終点の高松駅に着きました。
結局、5分の遅れを引きずって、21:15頃の到着となりました。

かくして、

早朝6:04に出発した高松駅に、15時間を経て戻ってきましたよ・・・
(15時間でぐるりとまわってくることができるのですから、“四国は狭い”というべきなのか、はたまたそれだけ時間がかかるのだから“四国は広い”というべきなのか・・・)

DSC07589_R.jpg
行先表示器は、すでに折り返しの「いしづち29号」のものを表示していました。
深夜1時前に松山駅に着く、松山行きの最終特急列車です
(8600系もたいがい“働き者”ですね。どこぞのフニーターと違って・・・(失笑)

あと、

列車名の“いしち”号ですが、ローマ字の綴りは“ISHIZUCHI”なんですね

え、“づ”は“DU”じゃねぇの?

・・・と思った私はたいがいパソコン入力に毒されているようで、ヘボン式のローマ字表によれば、

“ず”も“づ”も“ZU”で表記する

ので、正しいのだそうです・・・(言い換えると、“DU”は、パソコン等でローマ字入力する際に“ず”と“づ”を区別するための苦肉の策・・・)。
こんなところで、ひとつ賢くなりました(苦笑)




さて、私のたどってきた行程と照らし合わせるならば、

“ふつうのバースデイきっぱー”:松山で降りて道後温泉あたりで一泊する
“乗り鉄派バースデイきっぱー”:この高松で降りて一泊する

・・・といったところでしょうが、

私はまだ先に進みますよ

(いい年して無茶しやがって・・・。今回の行程を振り返ってみて、10代20代の頃と行程の立て方の考え方が変わっていないことに、微妙に愕然とした・・・orz)。

「うずしお29号~徳島駅」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今月19日

バースデー切符でお出かけです。狙いは予讃線と土讃線のアンパンマン狙いですが、しおかぜの新車も乗ります。ブログによりますと多客期は一往復ですか?

今月19日は、8600系「しおかぜ」号はなさそうです

大臣殿さん、コメントありがとうございます。
バースデイきっぷでご旅行とのことですが、よい旅になりますよう、お祈り申し上げております。

さて、8600系の多客期運用については、JR四国のホームページで確認できます(今の時期であれば、「夏期多客列車」のPDFファイルを参照)。
それによると、8/10~8/22は、「しおかぜ」号の8600系による運転はないと書かれています(PDFファイルの7ページに、「(8/10~8/22に)次の列車は新型車両での運転を行いません」として、(所定では)8600系が充当されるしおかぜ号の号数が列挙されています)。

私が「多客期の8600系は1往復」と書いているのは、「いしづち103・106号」(高松~松山;ただしモノクラス編成)を念頭においてのことですが、これは厳密には正しくありませんでした(高松~宇多津~多度津間の、多客期限定の短距離「いしづち」号にも8600系が充当される列車があるため)。

ともかく、詳しいところについてはJR四国のホームページでご確認いただくか、駅員にご確認いただいた方がよいかと思われます
(「宇和海」号の突発的グリーン車ではありませんが、ネット上の掲示板では「いしづち103・106号」に(所定では入らないはずの)グリーン車が連結されていたという報告も以前ありましたので、運がよければ多客期でも8600系グリーン車に乗ることができる・・・かもしれません)。

ありがとうございます。

編成のPDFと多客期のPDF確認した所、しおかぜ15号が新型❓かなーとも思いますが5+3ですから無いのかなーとも
一応初日は、しまんと1号で坂出でて南風1号乗り継ぎなので坂出駅で聞いてみます。

間違えました

しおかぜ17号でした

連投すみません

良く確認したら、書いてましたねー諦めてアンパンマン狙いで行きます。ありがとうございます

こちらこそ、紛らわしいことを書いて申し訳ありませんでした・・・

大臣殿さん、コメントありがとうございます。
自分の書いたものをよくよく読み直してみると、これは間違いというか、誤解されてもしかたのない内容でしたね(修正しました)。
多客期に全編成が“岡山行き”になるのは毎度おなじみの光景なのですが、8600系が入ってから、

8600系が充当される列車を8000系が代走するかどうかは、時期によって変わる

・・・ということになっているようで、一律に“多客期だから8000系が代走”・・・ではなかったようです。
多客期に8600系に乗ろうと思ったら、わざわざJR四国のホームページで確認する必要があるというのは、なんとも・・・。

ともあれ、紛らわしいことを(記事本文では)書いてしまい、申し訳ありませんでした。

改めまして、大臣殿さんが“バースデイきっぷの旅”を楽しまれることをお祈り申し上げております。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ