神戸市内のD51形静態保存機

先月某日、何を思ったのか、腐れ中年お一人様ご一行(失笑)が、神戸市内王子動物園に出かけていたことがありました
まあ、たまには童心に返るのもいいものというか、

キサマ“大きなお子様”やんか!

・・・と、突っ込まれれば、まあそれまでなのですが・・・。




そんな王子動物園の一角(“ふれあい広場”の片隅)には・・・

DSC_4203_R.jpg
D51形蒸気機関車(211号)が、静態保存されています。

DSC_4196_R.jpg
神戸で保存されているだけのことはあってというか、栄光ある“鷹取工場”生まれのカマです。
明治以来の伝統を誇った鷹取工場も、阪神・淡路大震災をきっかけとして閉鎖され、今や神戸貨物ターミナル駅となってしまいました。

DSC_4194_R.jpg
静態保存蒸機というと、1両だけポツンといることが多いのですが、ここ王子では、2両の車掌車(ヨ5000形と6000形)とともに保存されています。

DSC_4172_R.jpg
もちろん、連結状態です。
スキマだらけの並形自動連結器で、発車時や走行中の衝撃が大きいアレな乗り心地も、今や乗車して体験することは難しくなりました
(客車列車もすっかり壊滅状態になってしまいました・・・)。

DSC_4202_R.jpg
残念ながらというか、当然というか、D51形の車内に立ち入ることはできません。
他方で、車掌車の中には立ち入ることができます(事実上の“休憩室”として機能しています)。

DSC_4165_R.jpg

DSC_4174_R.jpg
まあ、座席やテーブルが設置されて、原形とはだいぶ姿を変えていますけれどもね・・・
(休憩室兼用であれば、座席の増設はやむなしでしょうか・・・)。

それでも、ところどころに現役時代を偲ばせる遺構も・・・

DSC_4187_R.jpg
天井と配管類。

DSC_4184_R.jpg

DSC_4157_R.jpg
圧力計。
神戸からはるか彼方の土崎工場(秋田県)で検査された記録が残っていました。

DSC_4167_R.jpg
白熱灯は・・・落下していました。
まあ、動物園の開園時間のみの公開=夜間公開は原則としてない以上、それでもいいのでしょうが・・・。

なお、空調設備はないため、真夏や真冬にはあまり休憩室としての役割を果たさないのでは?・・・という説もあり。

DSC_4181_R.jpg
車内から“ふれあい広場”を望む。
かつては、多くの専務車掌がこの窓から車窓を眺めていたのでしょう・・・。

DSC_4514_R.jpg
園外の公道からも眺めることができなくはありませんが、少し辛いでしょうか・・・。




続いて、別の日に訪れた神戸駅。

DSC_7194_R.jpg
神戸駅の南東の一角(駅前広場からは少し外れた位置となります)にも、D51形蒸気機関車が静態保存されています。
こちらは、ずいぶんとインフレナンバーである「1072号」です。

DSC_7199_R.jpg
柵に囲まれて立ち入ることはできないとはいえ、屋外保存のため、少々状態は悪め
(まあ、これで状態が悪いといったら、もっととんでもない保存状態の蒸機はいくらでもいるのですが・・・)。

来歴を示すプレートは、パッと見る限り特に見当たらないようでしたが、密閉タイプのキャブであることからして、北海道で走った経歴を持つカマなのでしょう・・・
(追記:他の方のブログをいくつか眺めてみたところ、説明プレート(石版)は、地面に埋まっているようです。そら、これだけ草ぼーぼーではわからんわ・・・orz)。

DSC_7205_R.jpg
テンダの隅っこには、やはり“鷹取工場”の表記。
塗り替えた際の表記か、ここに安住するための整備を受けた際の表記か・・・(平成4年の表記ということは、現役時代のものでは“ない”ことだけは、明らかでしょう)。

DSC_7207_R.jpg
背後には高層ビルとJR東海道本線の高架。
蒸機らしくない・・・といえば、それまででしょうか。

DSC_7209_R_201606142030369b1.jpg
逆サイド。

DSC_7215_R.jpg
だいぶ草に蔽われてますね・・・。

DSC_7239_R.jpg
あまりに“当たり前”なのか、ただ“置かれているだけ”のためか、足を止める人もあまりいないようでした。
私自身、東海道本線の車窓で何度か見かけてみて、いつかは訪れてみなければ・・・と思いつつ、ようやく訪れたような状況ですから、大したことは言えそうにありませんが・・・。

とはいえ、静態保存機とはいえ、ビルの谷間から照らされる夕陽を浴びる姿は、何だかんだいっても存在感がありますね。




・・・ということで、ごく簡単な記録ですが、神戸市内で保存されている2両のD51形蒸気機関車でした。
いずれも屋外保存のため、決して最高の保存状態・・・とはいえませんが、それでも末永く、その姿をとどめていてほしいものですね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ