王子動物園探訪記(その①)

先日、神戸に行っていたことがありました。
用務は午前中でおしまいでしたので、空いた(?)午後を使って、

はじめての「おうじどうぶつえん」

・・・ということで、いい年した腐れ中年が、何をとち狂ったのか

“堂々お一人様で、動物園に出かけてきました”

ので、記録を適当にまとめておきます
(言うまでもありませんが、親子連れ、グループ客、カップル、遠足のお子様・・・ばっかり。ぼっち中年なんて、ほとんどいませんでしたよ。まあ、動物園の客層ですから、そんなもんか・・・(苦笑))。




DSC_4501_R.jpg
(画像は夕方の退園時のもの・・・)
・・・ということで、阪急電車で神戸三宮駅から二駅。
王子公園駅で降りてスタスタと歩いてやってきましたのは、王子動物園です。

(書類上は)愛媛県民にとって、行ったことのある動物園といえば、

「道後動物園」と「とべ動物園」だけ
(道後動物園の現役時代を知る世代も、もはや中年以上です・・・orz)

ですが、何をとち狂ったのか、お子様時代以来

約四半世紀ぶりの動物園


ですよ・・・。

入口からして「パンダ」が前面に出されていますが、ここ王子動物園、地味に、


日本で唯一、「パンダ」と「コアラ」を同時に見ることのできる動物園

なのだそうです。

DSC_3785_R.jpg
入って真っ先に目に入るのが、「フラミンゴ」。
それにしても、数多すぎだろ・・・。

DSC_3784_R.jpg
なかなか立派な羽根です。

DSC_3814_R.jpg
先へ進むと、クジャクと鴨が収容されているケージがあります。
立派なクジャクが食事中でした。

DSC_3810_R.jpg
あら、りりしい・・・。

DSC_3800_R.jpg
さて、王子動物園の目玉、パンダ舎の外にある、パンダ用屋外運動場にやってきました。

DSC_3844_R.jpg
外には何もいません・・・。
外にいないときは、室内にいるのだそうです。

DSC_3852_R.jpg
室内に入ると・・・お昼寝中でした・・・。

DSC_3861_R.jpg
確かに、目を閉じてるわ・・・。

DSC_3855_R.jpg
平日の昼下がりだからか、パンダがお昼寝中だからか、この時点では誰もパンダ目当ての観客はおらず・・・。
うーむ、この貸切感・・・。

**********

(以下、15時のお食事タイム前後のパンダ)

せっかくパンダを見に来て、見たのが「お昼寝中のパンダ」だけでは、何しに来たのやら・・・。
ということで、お食事タイムとなる15時頃に、改めてパンダ舎にやってきてみました。

DSC_3950_R.jpg
室内には一部食された笹。

DSC_3955_R.jpg
おお、動いてる!!

“大”熊猫と表記されるパンダですが、案外小さいものですね・・・。
あと、室内の外周をひたすらグルグル回っていたのは、ストレスか何かなのでしょうか・・・。

さすがに、動いているとなると、どこからか親子連れやグループ客が集まって、キャーキャー騒ぐことになるわけですが、パンダにとってはどうなの・・・でしょうね・・・。

**********

DSC_4075_R.jpg
パンダ仲間・・・というか、種族は全く違いますが、“レッサーパンダ”も飼育されていました。
こちらは結構ダイナミックに動き回っていて、撮影者泣かせでしたね・・・orz。

“熊”ついでに・・・

DSC_3886_R.jpg
シロクマ。

この日の神戸は最高気温が30度近くある夏日。
シロクマがだれているのも、まあ、しょうがないのでしょうかね・・・。

DSC_3902_R.jpg
ヒグマ。

一言、


でかい



そら、こんなのに襲われたら人間たまらんわ・・・。

DSC_3894_R.jpg
瞳はつぶらでしたけどね・・・。

**********

「鳥」シリーズ。

DSC_3872_R.jpg
オジロワシ。
撮影者の腕がないことはアレとしても、さすが猛禽類、りりしい。

DSC_3970_R.jpg
シロフクロウ。
これまた“りりしい”と見せかけて・・・



DSC_3920_R.jpg
ウィンクしていやがる・・・。
なんというサービス精神・・・。




DSC_3981_R.jpg
王子動物園における、パンダと並ぶ(?)目玉であるコアラも、当然見てきております

DSC_3987_R.jpg
お昼寝中のコアラが多数を占める中で・・・

DSC_4037_R_20160528175022e78.jpg
1頭だけ、妙にアクティヴなコアラがいました。

DSC_4001_R.jpg
動く

DSC_4054_R.jpg
動く!!

(今更ながら)生まれて初めて、“リアルコアラ”を見ました。
確かに、想像どおりに“もふもふ”している、“何この愛くるしい生き物?”状態でした(いい年したオッサンの感想がそれでいいのかどうかはともかくとして・・・orz)。

他方で、事前の勝手なイメージ(木のうえでのんびりと過ごしている)とは違って、

驚くほど軽快に動き回っていやがる!

(いやまあ、自然界には外敵とか何とかもいるのでしょうから、それもそうですか・・・)

DSC_4026_R.jpg
果ては、地上に降りてきましたよ。

DSC_3990_R.jpg
地上をしばらくウロウロしていましたが、用事が終わったのか、また木のうえに逆戻りです。

DSC_4045_R.jpg
つぶらな瞳は、何を見つめるのだろう・・・。

「その②」に無駄につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ