“チャレンジ”されての変化(高浜駅探訪記)

DSC01133_R.jpg
3月以来約2か月ぶり(苦笑)に、高浜駅を訪れてきました

前回はほぼ通過しただけでしたが、今回は駅のまわりを少しウロウロと・・・。

DSC01114_R.jpg
すっかり郊外電車の主力となっている3000系に揺られて、到着しました。

DSC01119_R.jpg
駅の北側には、高浜駅と松山観光港を結ぶ、連絡バスの停留所があります。
電車にきっちりと接続して、データイムには15分ごとに行ったり来たりを繰り返しています。

まあ、距離的には700m程度ですので、歩いていこうと思えば行くことのできる距離ですが、船舶利用者は荷物が多い傾向もあってか、船便への接続が良い時間帯には、ボチボチ利用もあるようです。

DSC01118_R_20160505160710ced.jpg
その連絡バスも“チャレンジ”されていました・・・。
余談ながら、ICいーカードの“大改悪”を筆頭として、何かと悪評の高い4月からの伊予鉄道の体制一新ですが、

高浜駅・松山観光港間連絡バスの運賃値下げ
(大人160円→100円)

は、数少ないプラス面の変化のひとつです。
もっとも、1kmない短距離便につき、これくらいで適正なのではないか・・・という説も、ありますけどね・・・。

DSC01125_R.jpg
さて、線路はホームの先に、少しばかり延びています。
“計画”としては、連絡バスが走る松山観光港までの延伸という構想もあるようですが、構想倒れのままウン十年・・・。
関西航路が廃止され、事実上は広島航路と小倉航路のみとなった松山観光港の現状(ピーク時に比べると、相当利用者数は減っているはず)を踏まえると、延伸されることはなさそうです・・・
(まだ、松山空港へのLRT構想の方が、現実味が少しはありそうです・・・。運賃のバカ高さを除けば、リムジンバスで十分ではないか・・・という説もありますが・・・)。

DSC01122_R_20160505160755ca2.jpg
・・・ということで、横河原駅から延々と延びてきた線路は、ここで途切れています。

DSC01124_R_20160505160757663.jpg
標識。

DSC01129_R_20160505160800b6a.jpg
背後には、歴史を積み重ねた駅舎。

DSC01136_R_2016050516082046d.jpg
改札口への通路も、いちいち味があります。
高浜駅に来る前に訪ねた三津駅は改装されて新駅舎になって久しく、味わい深い木造駅舎だった横河原駅も、現在改装工事中・・・と、古き良き駅舎がどんどんなくなっていくなかで、高浜駅にはこれからもこの姿を保ってほしいものですね・・・。

DSC01132_R.jpg
駅から道路を一本渡れば、近隣の興居島と中島(いずれも松山市に属します)を結ぶ、フェリーと高速船の乗り場となる高浜港です。
もっとも、これらの島の住人も急速に減少しているそうで、高浜港にも、かつてほどの活気はありません・・・。

DSC01110_R.jpg
おまけ
梅津寺海岸を通過中の3000系車内より・・・。
そういえば、梅津寺パークがサッカー施設になってからも、しばらく経ちますね・・・(腐れ中年が遠い目を向ける・・・orz)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ