気がつけば4月を回り、今日は曇り気味でしたが、昼間は暖かかったです。
これだけ暖かければ、もう冬用ジャンパーの用事もあるまいということで、クリーニング送りにしておきました。

さて、4月になると

桜の季節

・・・ということで、デジイチ片手にフラフラと桜を求めてさまよっていましたので、何枚かさらしてみます。

DSC_0205_R.jpg
まずは、昨年あたりからフラフラしている鴨川のほとり。
こちらは、丸太町通りにかかる橋です。
ここから、河川敷を北へと歩いたのは、先日のことでした・・・。

ある晴れた、昼下がり・・・って、“ドナドナ”ちゃうわ!

DSC_0210_R.jpg
この日は、超広角レンズ(SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM)と、便利ズーム(AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR)の併用です。
こちらは超広角レンズによる撮影ですが、画角が広いと開放感がありますね
(もっとも、空:地面=ほぼ1:1というところに、ヘボのヘボたる所以が暴露されているという説もあり)。

DSC_0213_R_20160402173930ddf.jpg
晴れた昼下がりらしく、土手に座り込んで桜を観賞している人もチラホラと・・・。

DSC_0206_R.jpg
私もベンチで一休み・・・。
なにせ、寄る年波には勝てない腐れ中年なので、歩き続けていると疲れる・・・orz
(それにしても、D7200の数少ない弱点・・・固定液晶・・・どうにかならないのか・・・(こういうローアングルの時は、可動液晶がほしいと切に思う・・・))。

DSC_0203_R_201604021738449e1.jpg
先週の某日でしたが、この段階での鴨川河川敷の桜は、3分~5分咲といったところでした。

DSC_0199_R.jpg
半分咲いて、半分ツボミ・・・。

DSC_0194_R.jpg
この枝もそんな感じ・・・。

DSC_0232_R_201604021739321ff.jpg
カメラを川に向けると、昼下がりの陽光で燦めいていました・・・。

DSC_0221_R.jpg
先日、“ねんがんのちゅうきゅうき”(Nikon D7200)を導入したので、調子に乗って、最高シャッタースピードである1/8000を試してみました。
やはり、噴水でも撮らないと真価は発揮されないのでしょうかね・・・。

DSC_0239_R.jpg
スロープを上がって、河川敷とお別れです。

DSC_0251_R.jpg
こちらは夜の鴨川。
これはこれで、昼間とは違った姿を見せてくれます。




一方、以下は本日の昼間に、某所をフラフラした際の桜。

DSC_0273_R.jpg
ほぼ満開ですね。
お花見でもすると風情があるのかもしれませんが、ぼっち非コミュがブルーシートを広げて粋がっても、ねぇ・・・(苦笑)

・・・ということで、桜の下をカメラ片手に抜けていくだけ・・・と。

DSC_0296_R.jpg
それにしても、見事なまでの満開。
これが、明日明後日の雨(予報)で、だいぶ散ってしまうというところでしょうか・・・。

DSC_0287_R.jpg
すでに散ってしまった花びらも、チラホラと見受けられましたけどね・・・。




・・・ということで、適当ですが桜を写してきた記録でした。

たった1週間や10日ばかり咲き誇る桜。

はかなく散りゆくからこそ、桜は桜であり、日本人の心を捉えてやまないのかもしれません
(どこかの二次元世界の島みたいに、年がら年中桜が満開だったら、ありがたみもない罠(笑))。

咲き誇り
散りゆくもまた
桜かな

・・・と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ