岡山電気軌道訪問記①(平成27年年末)

年末の記録を今更・・・ですが、昨年末の帰省ついでに、例によって岡山駅で途中下車して、岡山電気軌道をフラフラと乗り回してきましたので、毎度毎度飽きもせず記録をまとめておきます。

DSC_1496_R.jpg
毎度のことですが、利用するのは「路面電車1日乗車券」です。
わずか400円にして、路面電車の全線に1日乗り放題となるコストパフォーマンスの高いきっぷです。

DSC_0902_R.jpg
山陽新幹線で岡山駅に降り立って、大型バッグを駅の地下のコインロッカーに放り込んで、少し身軽になって--って、デジイチとサブカメラと交換レンズを抱えていると、十分に荷物があるという説もありますが・・・orz--、やってきたのは岡山駅前電停です。

DSC_0463_R.jpg
しばらくは、「桃太郎大通り」と愛称が付けられた通りに沿って走ることもあってか、架線柱の先端はごらんのありさまです。

DSC_0470_R.jpg
岡山駅前電停は乗り場と降り場が完全に分離されており、乗り場については東山線と清輝橋線でこれまた完全に分離されているため、乗り場への到着前(清輝橋線(から、東山線に乗り入れる電車))/発車後(東山線)で、転線する必要があります。
そのためか、乗り場の手前にはクロスポイントが設置されています。
余談ながら、調子が思わしくなかったのか、この日の午前中に岡山電気軌道の保線担当者がトラックで乗り付けてきて、何やら調整作業をしていました。

さて、いつもならば、本線格となる東山線から先に乗るのですが、このときは、目玉となるKUROやMOMOの発車時間から微妙に外れた時間帯に着いたこともあって、あえて清輝橋線から先に乗ることにしました

DSC_0482_R.jpg
(清輝橋電停到着後)
やってきたのは、半分JAL/半分ANAの変わり種広告電車として、知る人ぞ知る8201号でした。
早速乗り込みまして、運転士から1日乗車券を購入します(車内で購入できるので、便利です・・・というか、車内以外で購入するのは、旅行者には案外ハードルが高い?)。

DSC_0491_R.jpg
反対側。
ANAの広告が掲出されています。

DSC_0486_R.jpg
折り返し待ちの間に、同じく岡山電気軌道が運行する、岡山空港リムジンバスと並びました。
航空会社の広告電車と、航空会社の利用客を運ぶバスとの邂逅・・・。

DSC_0497_R.jpg
インパクトのある塗装で存在感を発揮する、岡山市内循環バス「めぐりん」との邂逅。
途中までは清輝橋線と完全に並走し、何気にライバル状態です・・・
(どちらが押して、押されているのかまでは気にしたことがありませんが・・・)。




そうこうするうちに、乗ってきた8201号は岡山駅前へと折り返していきました。
次の電車は10分後。
次の電車が到着するまで、清輝橋電停の周辺をウロウロしてみました・・・。

DSC_0483_R.jpg
歩道橋には「清輝橋」の表示がありますが、全く以て「橋」らしくはありません。
一応、この交差点の下あたりに川は流れているようですが、時代の流れに応じて、一部が地下化されて、目に見える「橋」ではなくなった(地名だけに名残を残している)という、事情のようですね。

DSC_0500_R.jpg
電停の手前まで複線が延びているのですが、肝心の電停は1面1線構造です。
何気に、データイムにはきれいな10分ヘッドのダイヤとなります(金曜日以外には、30分ごとに9200形・MOMOが行き来します。この日は第一編成が清輝橋線を走っていましたが、その記録はまた後で・・・)。

DSC_0493_R.jpg
架線は歩道橋で途切れています。

DSC_0505_R.jpg
路面電車・・・ということはあるにしても、なかなかにやっつけ・・・というか、インパクトのある車止めですね。
電停と歩道橋が直結しているのはいいのですが、歩道橋にエレベーターの類があるわけでもなさそうなので、電車の主要利用者である高齢者にとっては、けっこう厳しい構造なのかもしれません・・・。

DSC_0508_R.jpg
乗り場の高さは、路面電車らしく低いのですが・・・。

DSC_0507_R.jpg
岡山駅前(清輝橋線としては、途中の柳川)から延びてきた線路は、ここで途切れています。

DSC_0518_R.jpg
電停の手前まで複線ですが、電停は先に見てきたように1面1線。
そうすることで、道路幅を犠牲にせずに電停を設置できるという側面もあるのでしょうし、清輝橋線の運転密度であれば終点が1面1線でも問題ないのでしょうが、ちょっと中途半端・・・というきらいも、なきにしもあらず。

DSC_0520_R.jpg
そうこうするうちに、次の電車がやってきました。
きびだんご広告で名高い(?)8501号です。
もう1本待てば、30分に1本のMOMOにあたるのですが、この電車に乗って帰らないと、柳川電停でKUROに接続しません。
・・・ということで、これに乗って帰ることにします。

清輝橋電停ではガラガラでも、途中から徐々に増えてきて、100円区間の端にあたる郵便局前電停から一気に増える・・・というのも、いつものパターンです。

DSC_0525_R.jpg
さて、東山線との乗り換え停留所となる、柳川電停が近づいてきました。
降車ボタンを押して、降車準備。

DSC_0531_R.jpg
柳川電停で降車して、岡山駅前へ去って行く8501号をお見送りです・・・。

「その②」につづく・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ