宮田町・・・踏切(?)

地元に戻っていた際に、松山駅をウロウロしていたことがありました。
その際に、少し足を伸ばして、北へと歩いてみたときの、適当なスナップです。


道路の中央には、伊予鉄道市内電車(城北線)の単線が延びています。
末期色・・・もとい、オレンジ一色に塗りたくられたモハ75形が、松山市駅へと南下していっていました・・・(後追い撮影)。

それにしても、単色化された高速バスやリムジンバス用のセレガ以上に・・・

馴染めない・・・orz。
(“目立つ”ことは否定しませんが、これってどう考えても“悪い意味で目立っている”ように、思われてなりません・・・orz)

DSC_1847_R.jpg
さて、数百メートルほど北に進むと、併用軌道と専用軌道の境目で、道路を横断するところがあります。
専用軌道であれば、警報器+遮断器つきの踏切となるところですが、

電光掲示しかありません・・・。

地元にいると、別に珍しくも何とも思わない(ちょうど、大手町駅や古町駅の、軌道線と鉄道線の平面交差のように・・・)のですが、冷静に考えてみると、今となってはこのタイプの警報器も、全国的には十分珍しいのではないか・・・と、無駄に思い直してみたり。

例によってテキトーな露出で撮っているためつぶれているのがアレですが、「消火栓」の看板の横に、「電車注意」という電光掲示があります。

DSC_1848_R.jpg
従来塗装のモハ2000形が、松山市駅へと南下していく光景です。
「電車注意」の電光掲示が点滅し、回転灯が点灯するとともに、警報音が流れます。
もっとも、遮断機の類は一切ありません。

それでも車はちゃんと止まっている(まあ、止まらないと事故りますからね・・・)わけですし、歩行者もたいていは止まっているのですから、これでも何とかなっている模様です。

まあ、速度が低い路面電車だからこそ、これでも何とかなっているのでしょうが・・・。
なお、警報器の傍には宮田町電停がありまして、某大型スーパーの最寄りということもあってか、買い物客を主体に割と利用は多いです。

DSC_1841_R.jpg
道路の反対車線から眺めると、こんな感じになります。


ちなみに、同じような踏切(?)は、東の平和通り一丁目電停の傍にもありますが、基本的にはここ宮田町と同じような設備になっています。

「観察しよう」「ちゃんと撮ろう」と意気込んでいったわけではなくて、松山駅に行ったついでに少し足を伸ばしたスナップ程度のものですが、変わり種の雰囲気が少しでも伝わっていると・・・いいのですが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近はあまりこの方面に車で行ってはいないですが、この交点(踏切というより適切な気が)、2系統が古町から宮田町電停に到着してから何らかの理由で客が降りるのに手間取れば結構待たされることがあるのがちょっと困りモノではあります。
(帰宅中、56号線上で全く車列が動かないまま大手町へ向かう電車,松山市駅へ向かう電車それぞれの通過待ちを食らい、その車列の長さから、郡中線の松山市駅行きの通過で止められる累積3回のイライラに比べればなんでもないですが)

また、伊予鉄道のIC改悪との全容がやっと明らかにされ(http://www.iyotetsu.co.jp/e-card/cardpoint/)、金曜限定で終電を23時頃に繰り下げる以外、4月から小1になる県内在住の子供は土日祝日のみ1年間無料パスのカード配布など正直言って大多数の客にとっては無関係なことの開始(http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160125/5061031.html)で、乗客減少間違いなしの施策満載の模様です。
普及しきったのを見計らったかのように改悪するのは、平日は深夜以外割引廃止,土一祝日も割引率大幅低下のあのETCと全く同じで、こんなところに国交省のやり方を持ち込まなくても…というのが私の本音です。

なるほど、「交点」・・・

KAZさん、コメントありがとうございます。
宮田町のこのポイントを「踏切」と言っていいのか・・・という疑問を抱きながら訪問記をまとめたのですが、「交点」というのは、なるほど言い得て妙かもしれません(まあ、そのあたりの事情に疎いだけですが・・・)。

確かに、乗降に手間取ると車列ができることもありますが、伊予鉄ではご指摘の通り、国道56号線の踏切連発での渋滞の方が、よほど厄介でしょうね(と書きつつ、クルマに乗れない私は歩道を悠々と(?)歩くしかないのですが・・・)。

そして、ICい~カードの「改悪」。私も内容を確認しましたが、某京大掲示板でリークされていたとおりの、壮絶なまでの「改悪」。これは、ICい~カードを使わなくていいという伊予鉄の傲慢さのあらわれなのか、どうせ競争相手なんてまともにないのだから、改悪してもたいして乗客は減らないと踏んでいるのか、(KAZさんご指摘のように)ICい~カードのこれ以上の普及促進は必要ないと判断しているのか・・・いずれにしても、「小銭を用意する必要がない」という以上のメリットは、もはやありませんね。
これで、全国共通利用に対応・・・とでもなれば、まだわからないでもないのですが、その気配もなさそうです・・・。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ