東京駅開業100周年記念Suica(忘れた頃に届いていた)

これまた“9月”の記録を今更でアレなのですが、500万枚近い注文が殺到し、選ばれし10万枚を除けば、平成27年度を丸々使って順次販売・送付されることで話題になった・・・というか、

話題になっていたことさえ忘れられつつある


東京駅開業100周年記念Suica!


確かに予告されていたとおり8月に支払書類が送られてきまして、期日ギリギリに支払いまして、待つことしばし、

IMGP8288_R.jpg
時は9月冒頭。
JR東日本から送られし刺客・・・もとい封筒
Suica一枚が入っているにしてはえらく大きな封筒ですが、開けてみます。

IMGP8296_R.jpg
東京駅の100年の沿革が記された、台紙が入っていました。
折り曲げられることなく台紙が入っているため、封筒も大きなものになっていた・・・という次第。

IMGP8303_R.jpg
・・・ということで、私にとっては初めてとなる“Suica”です
(ICOCAはSHIKOKU ICOCAも含めて2枚持っていますし、地元帰省用にICいーカードも持ってはいますが・・・)。

なるほど、非常にセンスのあるデザインというか、飽きの来ないデザインで、人気が出るのも納得・・・です。
500万枚近く発行されるので、プレミアム感は全くありませんけどね・・・。

IMGP8305_R.jpg
裏側。
当然ながらJR東日本の発行ですが、ICカード相互利用の恩恵により、近畿圏の主要交通機関でも普通に使えます
(京都市バスで試しに使ってみましたが、当然普通に使えました・・・)。

IMGP8308_R.jpg
台紙に収納すると、こんな感じになります。
特段、プレミアム感があるわけでもないのですが、何となく普段から財布にツッコんでおくには抵抗があるため、今のところは書類棚に収納されております・・・。




・・・ということで、東京駅開業から“101年目”に手元に届いた、“東京駅開業100周年記念Suica”の記録を今更振り返ってみました。
「これから送られてくるよ」という向きもあるかもしれませんが、なるほどデザインとしては上級で、結局は騒動になった・・・というか、発売当日の対応が拙かったことばかりがクローズアップされましたが、その騒動の余波で手に入れることができた身としては、まあ複雑です罠。

あとは、いつになるかわかりませんが、次に首都圏に行ったときに

普通列車のグリーン車にICOCAで乗車できなかったことのリベンジ
(いわゆる「Suicaグリーン券」ですが、IC相互利用が実現した今でも、これは今でもSuicaでないとできなかったはずです・・・)

を、してみようと思います
(ホント、次に行くのがいつになるのかわからないのですけれどもね・・・orz)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ