過去は何で過去なのか

「過去」って、なんで「過去」なのでしょう・・・。


「過去」とは、

「過ぎ」+「去る」

と書きます。

何を分かり切ったことを、と思われるかもしれませんが、
案外バカにならないかもしれません。


何かが「過ぎ去る」ということは、
「過ぎ去る」ということは・・・

過ぎ去ったもの/ことは、変えようがない

ということでもあります。

*****

つまり、

過去とは

過ぎ去ってしまって変えようがないから過去なのだ


と、いうことになるのではないかと、私などは思うわけです。


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

だから、過去についてウジウジ悩んでも、グダグダ文句をたれても

無駄!!!

なのです。


まあ、事実は変わりませんが、「解釈」なら変えられるかもしれません。

ただ、そうなってくると、もはや「過去」ではなく
「歴史」になってしまっているような気も、しないでもありませんが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ