後乗り前降り、前乗り後降り

先日、所用がありまして尼崎に出かけていました。
行きと帰りで無駄にルートを変えた(行き:JR、帰り:阪神~阪急)というのも、私にとっては毎度のことという説もありますが、帰りは阪神の駅まで少し距離があったので、尼崎市バス(尼崎市交通局)に乗車してみました。

停留所で待っていたら、えらく手前で止まる・・・というか、前扉のところで止まるんですよ・・・。
「変わったところで停車するものだ」と思っていたら、

前乗り・運賃先払い

だった・・・orz。
車内で両替するか、ICOCAでもタッチしておけばいいやと思っていたのですが、すっかり戸惑ってしまって、財布の中をごそごそやる羽目になりました・・・orz
(なお、現在のところ尼崎市バスはICカード非対応)。


首都圏では、東京都交通局あたりをはじめとして、割とメジャーとされる「前乗り・運賃先払い」方式ですが、関西圏ではほとんどないのではないかと思われます。
私自身、関西圏のあらゆる路線バスに乗車した試しなどありませんので、実は関西圏でも一定の勢力を占めているのかもしれませんが、少なくとも京都市内の事業者はすべて「後乗り前降り(運賃後払い)」のはずです。
おそらく、大阪市内でも事情は似たようなものでしょう。

ついでに言うと、「関西」とは異なりますが、地元・松山の伊予鉄バスも「後乗り前降り」です。

もっとも、

均一運賃でなければ前乗り後降り・運賃先払い制は実施できない
(これは、首都圏でも事情は同じでしょう)

ことも、確かでしょうが・・・。


不思議なのが、同じように尼崎市内を走る阪急バスや阪神バスは「後乗り前降り」であること。
同じ地域で複数の方式が混在していて、はたして利用者は大丈夫なのだろうか・・・と、無駄な心配をしながら、

中扉から降りる

という、慣れない体験をしてきたのでありましたとさ。


新鮮さ半分、戸惑い半分

でしたけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ