阪急×リラックマ

8月中頃、お盆休みで地元に引きこもる数日前、阪急梅田駅に出かけてみたら・・・

DSC_4761_R.jpg
リラックマ×阪急

・・・専用のヘッドマークを掲出し、車両内外が“リラックマ”仕様に化けた1000系に遭遇しました。

DSC_4765_R.jpg
専用のヘッドマークも気合いが入っていますが、

Rilakkuma

の前面表示が、妙に気合いを感じさせます・・・(笑)。

DSC_4764_R.jpg
まあ、ヘッドマークは使い回しなんですけどね・・・。
(“80”の数字をうっすらと読み取ることができます)

ちなみに、見かけたのは宝塚線の急行に充当されている編成でしたが、神戸線、京都線にも1編成ずつ“リラックマ号”が走っているとか。
スタンプラリーなどもやっているそうで、割と人気らしいです(阪急が用意していた記念品が捌けてしまう程度には・・・)。

別に“リラックマ”大先生に興味関心もあるわけではないのですが、せっかく遭遇したし・・・ということで、豊中駅まで、微妙な距離を乗車してきました。

DSC_4776_R.jpg
豊中到着。
なお、宝塚線の急行は、ここから先は各駅停車。
これはもう「区間急行」の間違いではないかと思うのですが、優等列車でも京都線や神戸線とは違う模様・・・(通過駅や速度的な意味で)。
このように、側面にも要所要所にステッカーが掲出されています
(全面ラッピングにしないのが、阪急の“らしさ”ですね・・・)。

・・・ということで、非常に大雑把な記録ですが、“リラックマ号”に化けた宝塚線1000系の簡易記録でした。
くどいようですが、ファンスィーなものに対して関心もない中年からすると、何がどう人気なのかよくわからないというのが正直なところですが、梅田停車中には、鉄ヲタのみならず一般人もスマフォやコンデジを向けていて、とりあえず注目度抜群である・・・ということは、何となくわかりました・・・。

なお、車内も“リラックマ”一色です。
人大杉につき、まともに撮れていませんが、運転室の後ろにあったポスターより・・・

DSC_4759_R.jpg
ビバ!!ダラダラ




わかる、わかるぞその気持ち!
(リラックマ大先生のように“ゆるい”キャラクターが言うから説得力があるのであって、怠慢な中年ゴミクズが言ったら意味が変わって説得力がなくなります(失笑))
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ