たま電車(鉄コレ再販版)

和歌山で・・・もとい、日本で最も有名な“ねこ”だったともいえる“たま駅長(社長代理)”が天に召されてから、はや20日以上が経ちました。
私自身は、昨年の12月に、辛うじて“勤務中”のたま駅長殿にお目にかかることができた程度の“にわか”ですが、それでも、“勤務中”の姿に会えて、わざわざ出かけた甲斐はあったと思います。

DSC_0586_R.jpg
・・・だから、というわけでもないのですが、しばらく前に購入していた、鉄道コレクションの「たま電車」を箱から出してみました
(無駄に増やしたマクロレンズのテスト撮影ともいう(苦笑))。

DSC_0587_R.jpg
デフォルメされた駅長閣下。

DSC_0621_R.jpg
側面。
割と再現度は高いですね。

DSC_0594_R.jpg

DSC_0598_R.jpg
非常に“賑やか”です。
Nゲージスケール(1/150;模型の全長は10cmちょっと)ということを考えれば、よくできていると思います。

DSC_0603_R.jpg
巨大たま。
実車では、「たま文庫」の本棚に相当するスペースです。

DSC_0612_R.jpg
前面。
“ネコミミ”の塗装がかすれているのはご愛敬でしょうか・・・。

DSC_0617_R.jpg
“ネコヒゲ”とヘッドマーク部分。

DSC_0597_R.jpg
屋根上の分散式クーラーも抜かりなく再現。

DSC09715_R_20150713201923ab7.jpg
ちなみに、実車はこんな感じです。




DSC09396_R_2015071320191391e.jpg
ということで、たま駅長閣下の遺徳を偲びつつ(?)、模型をあれこれと眺め回しておりました。
昨年12月の訪問時の段階ですでにご高齢(人間でいえば70歳代に相当)であり、専用スペースでお昼寝中だった“たま”駅長閣下でしたが、オーラはさすがなものでした。
何はともあれ、ただ一度きりとはいえ、勤務中のお姿を拝見できてよかったです。
そのときには、そう遠くない将来に天寿を全うするのだろうとは思っていたのですが、まさか翌年(平成27年)の前半の段階で・・・とまでは思わず・・・。

ともあれ、天に召された“たま駅長(社長代理)”に敬礼。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ