JR桃山駅

今月1日の夕方に、「赤い18きっぷ」(「青春18きっぷ」常備券)を購入するべく、JR奈良線の桃山駅に出かけてきました
その時の記録です・・・。

IMGP5487_R.jpg
・・・ということで、やってまいりましたのは京都駅の南の端に位置する、JR奈良線の乗り場です。
首都圏ではとっくの昔に絶滅した(次世代の201系や203系が絶滅しているくらいですから・・・)103系が、まだまだ現役であるのが、西日本くおりちーです。

IMGP5495_R.jpg
途中の城陽駅までの普通列車。
LED全盛の昨今となっては、方向幕もすっかり少数派になってしまいました・・・。

夕ラッシュ時間帯ということもあってか、そこそこの立ち客がいる状況で京都駅を発車。
東福寺、稲荷、JR藤森・・・と乗客を降ろして・・・

IMGP5502_R.jpg
桃山駅に着きました。
“The・国鉄時代の駅”といわんばかりの、2面3線のつくりです。

IMGP5510_R.jpg
跨線橋から構内を見下ろすと、こんな感じになります。

IMGP5499_R.jpg
外は住宅地ですが、まだまだ京都市内です。

IMGP5505_R.jpg
木製の柱と、「奈良方面のりば」のプレートが、いい味を出しています。

IMGP5515_R.jpg
さて、一旦改札を出てみました。
こぢんまりとした駅舎で、とても京都市内には思えませんが、どっこい京都市内です。

IMGP5517_R.jpg
改札と出札窓口。
ICカード全盛時代ということもあってか、古いこぢんまりとした駅舎に自動改札機がミスマッチです。

国鉄時代の雰囲気を色濃く残す出札窓口にて、赤い18きっぷを購入です。
有人駅でありながらみどりの窓口がない・・・というのも、考えてみたらイレギュラーですね。

なお、私の前ではおばはんが話し込みながら何やら買っていましたが(出てきたきっぷの枚数から推察するに、回数券の類だった模様)

どこかの駅から融通されているらしい“マルス券”

でして、その気になれば18きっぷも近隣の駅からマルス券を調達することもできるのでしょうが、マルス券がここで売られていてもヲタはまず買いに来ませんので(手近な駅で買えばいいだけですし・・・)、鉄ヲタホイホイという意味では、あえて18きっぷを赤券(常備券)にしていることに、大いに意味はある模様です
(・・・と、ホイホイされたヲタの一匹が申しております(失笑)

ともあれ、無事に赤い18きっぷ購入のミッションを終えて、ICOCAで改札をくぐり・・・

IMGP5520_R.jpg
駅本屋側の1番乗り場から京都行きの103系に乗り込んで、帰ったのでありましたとさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ