記念Suica騒動

散々ネット上で騒がれていますので、何をか今更ですが、

東京駅の開業100周年記念Suicaの販売がグダグダだった

・・・というのが、全国的にニュースになっていました。

現場にいたわけではもちろんなく、あくまでも報道に接した限りでのことですが、

今回に限っては、JR側の不手際によるところが大きい

というのが、個人的な見方です。

何せ、

徹夜で並ぶことの自粛を求めておきながら、徹夜で並んだアホどもに売ってしまう

のもどうかと思いますし、

自粛を求められて始発に乗ってきた人々が買えなかった

というのも、どうかと思います
(“正直者が馬鹿を見る”的な意味で・・・)。

根本的には、

15,000枚も用意すれば、十分余裕があるだろ
(たとえ1人3枚まで売ったとしても・・・)

という、JR側の読みが甘かった・・・ということに、なるのでしょうけれどもね・・・
(たくさん用意して仮に余ったとしても、通常のSuicaと機能は同じなのですから、デザインにこだわりなくSuicaの欲しい人に売ればいいのに・・・と)。

それにしても、(あくまでも報じられる限りで、ですが・・・)

販売を取りやめる際の手際もよろしくなかった

・・・ですね。

テンバイヤーや(一部)鉄ヲタの“民度”がよろしくなかった(誉められたものではない)ということは、あるにしても・・・。


**************

あとは、こうして“限定もの”が争奪戦になる背景には、

ネットオークションで小銭を稼ごうとするテンバイヤーの存在

も、あるわけですが、

定価2,000円のものが40,000円(前後)で売れる

となれば、テンバイヤーもそら出撃するわ・・・というものです。

ネットオークションというツールが悪いというよりは、利用するアホども(出品する側も落札する側も・・・)のモラルがない
(どんなツールも、使う側の人間性によってどちらにも転びうる・・・)

と、なるのでしょうが、そもそも

消耗しないICカードを一人に複数枚売るという売り方もよろしくないのでは
(枚数に余裕があればいいでしょうが、9,000人くんだりも並んでいて、複数枚買われては明らかに足りなくなるような状況であれば、もうちょっと考えようがあるのでは?)

とも、思うことしきりでした。

西日本エリアの住人にはどうでもいい話ですが・・・orz




結局、今日の報道では

事前申込制にして、希望者全員に行き渡るようにする

ことにしたそうですが、

最初からそうせい・・・

と思ったのは、私だけでしょうか。

まあ、これで

在庫抱えたテンバイヤーもカネを積んで落札したアホも涙目

になるのであれば、それはそれでいいことだとは思いますけどね
(結局、勝ち組はさっさと売り抜けたテンバイヤーだけですか・・・)。

*************

ちなみに、カードのデザイン自体はJR東日本の社員(車掌氏)が担当したらしいですが、

デザインは確かにすぐれていると思います

もちろん、カードのデザインに罪は全くありませんが、こんなかたちで“有名”になってしまったのは、少し残念ですね。

他方で、

ネットで購入希望を出せば“送料無料”で送ってくれるらしい
(普通郵便かメール便か分かりませんが、JR東日本が負担してくれるんですか・・・)

ので、

これを機会に1枚買っておこうか
(デポジットはJR東日本に預けたままになるにしても、別にICOCAエリアでも“乗車券”としては使えるのですから、無駄にはなりません・・・。首都圏に出張することがあれば(ICOCAでかなりの部分互換が効くとしても)Suicaの方が便利ですしね・・・)

と思うミーハーな自分が、何だかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ