便利になったのはなったのですが・・・

京都住まいにつき、取り立ててリアル店舗に不便している・・・わけでもないはずなのですが、何だかんだ言ってもネット通販にはお世話になっています。

Amazonとか尼とか密林とか・・・

そりゃ、

それなりにお安い&送料無料&いちいち店内を探さなくてもよい
(最安値であるとは限りませんが、送料無料というメリットがその程度の価格差を隠蔽します・・・)

では、

リアル店舗の存在意味って何?
(確かに、在庫があればその場で持って帰ることはできますが、あるとは限らないしなにより(人件費や地代もあるのでしょうが)高いし・・・)

とも、なりかねません。


もっとも、Amazonで頼んだときの最大の問題は・・・

到着日と時間帯を指定できない

いや、有料会員サービスに加入すればできるらしいですが、それではAmazonを使うメリットのかなりの部分が削がれてしまいます・・・。
だいたい、私のように自室にロクにいない人間からすると、不在票を投函したり何度も持ってくる羽目になる配達員の方にも申し訳ありませんしね・・・。

そういう要望が多かったのか、ついにというかなんというか、

ヤマト運輸の営業所止めができるようになった!

・・・ということで、私以外にも割と歓喜している人は多いのではないでしょうか。
特に不在がちの人は・・・。

自分の都合で取りに行ける
(荷物がいつ来るのか分からずに悶々と待たずに済む)

・・・というのは、“受け取る側の都合”としては、大変ありがたいです。いやホント。

確かに、これまでもコンビニ受け取りという方法はありましたが、何せ仰々しい。
いや、注文者以外に持ち帰られたら困るので、ある程度仰々しくすること自体は理解できるのですが、それにしても(以前一度利用したときは)めんどくさかったです。
それ以上に、コンビニにとってそれほど利益になるとも思えないのに、こき使われる店員さんに対する申し訳なさも、無きにしも非ずですしね・・・。


それに比べて、ヤマトの営業所は

荷物を受け取るためのところ

でもありますので、その辺の気兼ねがいりません。
まあ、受付の人達にとっては“負担が増えた”となるのでしょうが、配達員にとっては朗報ではないでしょうかね・・・。

もっとも、「輸送」にかかる費用のことを思うと、一定以上の商品金額ならば・・・とするならまだしも、

1300円ぽっちで送料無料で送ってもらってあしからず
(なお、今回私が送ってもらったのは、ブルートゥース接続の安物キーボード)

とも、思わないでもありません。

使えるサービスは使わな損損

という思い半分、

送料無料のしわ寄せを誰が払っているのか

と思うと、複雑な思い半分です。

**********

なお、都市部のAmazon利用者の悩みどころのひとつとして、

どの運送業者が送ってくるのか分からない

ということがあるのですが、この「営業所止め」という方法、

送料無料でヤマト運輸に確実に運んでもらうための方法

としても、使えなくはないのかもしれません・・・
(有料サービスを利用すると、自動的にヤマトになるのだそうですが・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ