“聞き役”落第・・・

年を食ったからか、細々ととはいえ人間関係がゼロになっているわけではないからか・・・
(メンタリティーが“ヒキコモリ”のそれであることは紛うことなき事実ですが、形式・体面としてはヒキコモリ“ではなく”、“フニーター”に属するのが私です・・・

時折、ホントウに時折ですが、

人の話の“聞き手”になる

ことも、ないわけではありません

それがグチなのかボヤキなのか相談なのか何なのかは、場合によりけりですが・・・。


そういうとき、私は本当に“なっていない”と思うこととして、

黙って聞いていることができない
=自分語りをはじめるか、口を差し挟まずにはいられない


ことがあります。

***********

そうして、独りになってから自己嫌悪に陥ることしきりですが、

“聞き手”に必要なことって、おそらくは“聞くこと”(時折相づちを織り交ぜながら)だよな・・・

と。

別に私の役にも立たないウンチクや、自分語りなんて、話をしてくる人は求めていないと思うんですよ。
後になると思うんですが、

でも自分語りをしてしまう、ウンチクを語ってしまう

ところに、「人間関係を構築することが下手くそな人間」の“下手くそたるゆえん”が、あるのかもしれません。

求められていないことというか、やらないでいいことをしてしまい、そうして距離を取られてしまうというか自爆してしまう・・・というわけです。

いったいこれで、過去どれだけ痛い目を見てきたのかわからないはずなのに、それでも簡単には直らないので、業というのは割と深いです。

結局のところ、

誰ともかかわらなければこのジレンマに悩まされることもなくなる

・・・という、短絡的な解決策に流れる段階で、どうしようもない人間であることは露呈されているのかもしれません・・・
(そして、ネット上でボヤキを垂れ流しております・・・(失笑))。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ